ターニングポイント

もうすぐ5月が終わります。


そして6月になれば、中総体及び高総体、前期中間テストがあります。

運動部のお子さんにとっては、場合によっては来月で引退して、本格的に受験勉強モードに切り替わるターニングポイントになるでしょう。

僕は現在、ありがたいことに平日のゴールデンタイムは全て埋まっております。

空いているのは、

平日は17時や17時半開始といった、部活をしていないお子さんでないと厳しいような時間帯

土日の早い時間

のみです。

つい数日前に、新規の質問の問い合わせがあったのですが、時間が合わず見送りに。

まあ、仕方ないですね。

ですので、引退後のご予約も承ります!

本格始動したい方、是非。

余談ですが、最近、あらためて、高校英語に英文法は必要不可欠であることを実感しました。

我々日本人が日本をの文を読めるのは、文法を知っているから。理屈は知らなくても、とりあえず「この言葉の後には、これが続くな」という文の作り方は小さい頃に教えられているから、読めるんです。

それは英語も同じ。

基礎からじっくり。これが大事!



閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

公立高校の入試の本番の点数は、合格発表よりも後の日に、高校に申請すれば開示してもらえます。 合格者であれば、入学式前の予備登校や、入学式後もすぐであれば開示してもらえます。 ただし、不合格の場合は、この開示のためだけにもう一度高校に足を運ばなければなりません。伺った学校に再度行くのは、精神的な負担なので、無理にはお勧めしません。 今年3月に合格した僕の教え子たちも、開示してもらいまして、僕も点数を

先日東北大合格について記事を書きましたが、そのお子さんに、数日前会う機会がありました。 合格した事は知っていましたが、とある事情で、お子さんとは直接話もできず、せっかく合格したのに少しもの寂しい思いをしました。 でもその日、ようやくおめでとうと声をかけることができました。本人もうれしそうでした。アルバイトを始めるところだそうで、サークルも入ろうとしているところがあるようで、順調な大学生活の予感です

本日、「授業について」のページを編集しました。ボタンを設置して、オンライン授業についてより詳しく知るためのページに飛べるようにしました。 Zoom。 コロナが流行りだした2020年の春ごろから、ちょこちょこ名前を聞くようになったツールです。 当時は僕も含め「なにこれ?」と思った人は少なくないでしょう。しかし今や、一般的なツールとなりました。社会人が職場で利用するのはもちろん、学童期のお子さんで