得点開示と入学直後のテスト

公立高校の入試の本番の点数は、合格発表よりも後の日に、高校に申請すれば開示してもらえます。

合格者であれば、入学式前の予備登校や、入学式後もすぐであれば開示してもらえます。

ただし、不合格の場合は、この開示のためだけにもう一度高校に足を運ばなければなりません。伺った学校に再度行くのは、精神的な負担なので、無理にはお勧めしません。

今年3月に合格した僕の教え子たちも、開示してもらいまして、僕も点数を聞きました。

1人は合格ラインより大幅に超えていたので、きっと高校でも上位について順調にやっていけるでしょう(よほど浮かれなければ)

もう1人は…正直思っていた合格ラインよりも低かったので、「これで受かるんだ」と思ってしまいました。

でもこの子、入学後の直後の数学、英語、国語の3教科のテストで、かなり良い順位を取りました。僕はもちろん、保護者様もびっくりしていました。入学直後なので、出題範囲は中学校内容がメインです。

なのでこの順位が必ずしも以後の定期テストの順位と相関があるとは言い切れません。

ですが、これで気を緩めずに取り組み続ければ、それなりに良い順位には入れると思います。

ちなみに…僕は高校時代、にも、入学直後のテストがありまして…僕はなんと学年2位でした(笑)

以後の定期テストではさすがにこの順位は保てませんでしたが、それでも上位の層にはいました。

やはり最初は、肝心なんですよ。

僕の経験上。

だから上記2人のうちの後者の生徒さんも、今後の努力次第では順調な高校生活を送れるのではないかと!いや、僕がそうさせてみせます^ ^



閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日東北大合格について記事を書きましたが、そのお子さんに、数日前会う機会がありました。 合格した事は知っていましたが、とある事情で、お子さんとは直接話もできず、せっかく合格したのに少しもの寂しい思いをしました。 でもその日、ようやくおめでとうと声をかけることができました。本人もうれしそうでした。アルバイトを始めるところだそうで、サークルも入ろうとしているところがあるようで、順調な大学生活の予感です

本日、「授業について」のページを編集しました。ボタンを設置して、オンライン授業についてより詳しく知るためのページに飛べるようにしました。 Zoom。 コロナが流行りだした2020年の春ごろから、ちょこちょこ名前を聞くようになったツールです。 当時は僕も含め「なにこれ?」と思った人は少なくないでしょう。しかし今や、一般的なツールとなりました。社会人が職場で利用するのはもちろん、学童期のお子さんで

一昨日、先日ブログで書いた、ズーム補講の初回がありました。 僕の生徒さんからも、4人ほど参加がありました。 僕にとって初の試みで、僕の生徒さん達がお互いに顔を合わせるという事はこれまでは皆無だったので、どうなることかと思っていましたが、 「集中して取り組めた。来週もまた参加したい。」 という声が聞けて、手ごたえを感じました。 ただ1人で勉強するよりも、同じ仲間達と勉強すると、集中できるというのはも