Zoomは衝撃のツール

本日、「授業について」のページを編集しました。ボタンを設置して、オンライン授業についてより詳しく知るためのページに飛べるようにしました。 Zoom。 コロナが流行りだした2020年の春ごろから、ちょこちょこ名前を聞くようになったツールです。 当時は僕も含め「なにこれ?」と思った人は少なくないでしょう。しかし今や、一般的なツールとなりました。社会人が職場で利用するのはもちろん、学童期のお子さんですらもその名前を知っている位になりました。 学校でZoomを使った授業を受けたり、講演を聞いたりなどすることが珍しくなくなりました。 そして、オンラインで授業をするなんてことが、普通に現実で起こり得るようになりました。 10年前、一緒に家庭教師事業をしていたとある人が、すでにこのオンライン授業に目をつけて、それを自分たちも取り入れようと言い出しました。僕は正直反対でした。まずは普通の対面の家庭教師をしっかり固めようと言ったのですが…彼はそれを聞かず押し通してきて結局取り入れることにしたのですが、結局一件も売れず… それが今こんなことになるなんてね。この彼は、時代を先取りしすぎたんでしょうな… 僕は現在、オンラインで毎週授業を受けてくれているお子さんが何名かいます。 割合では今でも対面授業のお子さんの方が多いですが、それでも去年一昨年に比べたらZoomを使う頻度は格段に増えました。 これと別に、Zoom補講を水曜にやってますしね。 https://www.katemori.com/zoomhokou オンラインで授業する理由には様々なものが考えられると思います。 ■感染対策 ■地理的理由 ■経済的理由 ■他人と対面で話すのが怖い ■他人を家にあげるのは気を遣う もちろん対面授業にはかなわない部分もありますが、それと同じ位メリットもあります。ある意味教育業界に衝撃を与えたツールとも言えるでしょうね。 僕は特に、オンライン授業をメインでやっていこうとかまでは考えていません。ですが、「オンライン授業の方が自分に合っているな」と考えるご家庭のために力になりたいと考えております。 ですので、そういった方々の疑問や不安を少しでも解消できればと、今回ページを作成しました。 https://www.katemori.com/online ご興味ある方はご一読を!



閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

公立高校の入試の本番の点数は、合格発表よりも後の日に、高校に申請すれば開示してもらえます。 合格者であれば、入学式前の予備登校や、入学式後もすぐであれば開示してもらえます。 ただし、不合格の場合は、この開示のためだけにもう一度高校に足を運ばなければなりません。伺った学校に再度行くのは、精神的な負担なので、無理にはお勧めしません。 今年3月に合格した僕の教え子たちも、開示してもらいまして、僕も点数を

先日東北大合格について記事を書きましたが、そのお子さんに、数日前会う機会がありました。 合格した事は知っていましたが、とある事情で、お子さんとは直接話もできず、せっかく合格したのに少しもの寂しい思いをしました。 でもその日、ようやくおめでとうと声をかけることができました。本人もうれしそうでした。アルバイトを始めるところだそうで、サークルも入ろうとしているところがあるようで、順調な大学生活の予感です

一昨日、先日ブログで書いた、ズーム補講の初回がありました。 僕の生徒さんからも、4人ほど参加がありました。 僕にとって初の試みで、僕の生徒さん達がお互いに顔を合わせるという事はこれまでは皆無だったので、どうなることかと思っていましたが、 「集中して取り組めた。来週もまた参加したい。」 という声が聞けて、手ごたえを感じました。 ただ1人で勉強するよりも、同じ仲間達と勉強すると、集中できるというのはも