あと1週間!

国公立大学の二次試験は、多くでは今月25日金曜日におこないます。

私が教えている受験生のお子さんたちも、二次試験に向けて頑張っています。もちろん授業でも、大学の赤本の解説中心に行っております。

僕は基本的には事前に赤本の問題を解き準備しています。

解いていると、

「この大学では生徒にどういう力を求めているのか」

がわかりますし、

「この大学ってこういう問題の出し方好きなんだな!」

というのもわかり僕が逆に勉強になります。

そしてそういったことを、解説を通じて伝えます。後はそれに即して、生徒さんがしっかり勉強してくれれば、力がついてきます。(もちろん、どういう勉強をすればいいかはこちらから提案します)

問題を解いてもらったり、英文を読んでもらったりして、着実に理解しているなという手ごたえを感じ、きっと大丈夫だろうと確信をしながら、日々授業しています。

ちなみに、まだ未定ですが、来年度も、年度はじめからゴールデンタイムが全部埋まった状態での授業になりそうです。

入る見込みのお客様がひしめき合っており、いっぱいいっぱいになりそうです(笑)

平日夕方5時とかでないと厳しいかもです汗

コロナ禍なのに、ありがたい限りです。

どんな状況でも、受験は、テストは、つきまといますからね!

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

公立高校の入試の本番の点数は、合格発表よりも後の日に、高校に申請すれば開示してもらえます。 合格者であれば、入学式前の予備登校や、入学式後もすぐであれば開示してもらえます。 ただし、不合格の場合は、この開示のためだけにもう一度高校に足を運ばなければなりません。伺った学校に再度行くのは、精神的な負担なので、無理にはお勧めしません。 今年3月に合格した僕の教え子たちも、開示してもらいまして、僕も点数を

先日東北大合格について記事を書きましたが、そのお子さんに、数日前会う機会がありました。 合格した事は知っていましたが、とある事情で、お子さんとは直接話もできず、せっかく合格したのに少しもの寂しい思いをしました。 でもその日、ようやくおめでとうと声をかけることができました。本人もうれしそうでした。アルバイトを始めるところだそうで、サークルも入ろうとしているところがあるようで、順調な大学生活の予感です

本日、「授業について」のページを編集しました。ボタンを設置して、オンライン授業についてより詳しく知るためのページに飛べるようにしました。 Zoom。 コロナが流行りだした2020年の春ごろから、ちょこちょこ名前を聞くようになったツールです。 当時は僕も含め「なにこれ?」と思った人は少なくないでしょう。しかし今や、一般的なツールとなりました。社会人が職場で利用するのはもちろん、学童期のお子さんで