top of page

あと1週間!

国公立大学の二次試験は、多くでは今月25日金曜日におこないます。

私が教えている受験生のお子さんたちも、二次試験に向けて頑張っています。もちろん授業でも、大学の赤本の解説中心に行っております。

僕は基本的には事前に赤本の問題を解き準備しています。

解いていると、

「この大学では生徒にどういう力を求めているのか」

がわかりますし、

「この大学ってこういう問題の出し方好きなんだな!」

というのもわかり僕が逆に勉強になります。

そしてそういったことを、解説を通じて伝えます。後はそれに即して、生徒さんがしっかり勉強してくれれば、力がついてきます。(もちろん、どういう勉強をすればいいかはこちらから提案します)

問題を解いてもらったり、英文を読んでもらったりして、着実に理解しているなという手ごたえを感じ、きっと大丈夫だろうと確信をしながら、日々授業しています。

ちなみに、まだ未定ですが、来年度も、年度はじめからゴールデンタイムが全部埋まった状態での授業になりそうです。

入る見込みのお客様がひしめき合っており、いっぱいいっぱいになりそうです(笑)

平日夕方5時とかでないと厳しいかもです汗

コロナ禍なのに、ありがたい限りです。

どんな状況でも、受験は、テストは、つきまといますからね!

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

受験終了の関係で、空きができそうです。新年度に向けて何か対策を始めたい方、お気軽にお問い合わせ下さい^_^ さて、高校受験生も、大学受験生も、この時期が本当に正念場。 高校受験生は、今月31日と、2月2日に私立高校入試が行われます。公立高校の滑り止めで受ける人が多く、安全圏の高校を受ける人も少なくないでしょう。 本命の公立高校と同じ位の偏差値の私立高校を受ける子にとっては、公立高校の出願先を決める

今日、教えている中3生の、1月みやぎ模試の結果を見ました。 第一志望校が、B判定。それも、ギリギリB判定ではなく、真ん中位のB判定。 去年、合格させた生徒もちょうどそのような状況でした。まさに理想形です。 出願して大丈夫ですよ!と太鼓判を押しました。 ただ、もちろん、A判定ではないぶん油断は禁物です。その点は、生徒本人にも強調して伝えました。 さあもうひと頑張り!

bottom of page