top of page

2月か。

おっと、もう2月か。ブログの更新が全然できておりませんが、それは忙しいからです。


家庭教師はちゃんと営業していますよ!

なので近況を。

大学受験生について。

共通テストが終わり、僕の教え子たちは第一志望の国立大には挑めるほどの点数をとってくれたので、安心して(それでも確実ではありませんが)対策ができます。国立二次対策のために赤本をせっせと解いています。大変だけど、解いていると「この大学はこういう傾向があるんだ!」と感じてこちらも勉強になります。

高校受験生は、1月みやぎ模試で、第一志望の公立後には何とか挑める位の結果は出せました。しかし、私立高校入試で、第一志望と同じ位の偏差値の私立高校を挑戦として受けているので、これの合否でまた変わってくるかもしれません。なので合格発表当日はドキドキハラハラです。毎年のことですけどね。

そして受験生でない生徒については、定期テスト対策バリバリやっております!

昨日も定期テスト前最後の授業。

つまずきそうなポイントを見つけて、そこの入念な確認。中学生であれば、学校のワークの提出があるので、抜けがないかをチェック。

調査書にもつながりますからね!

毎年毎年大変ですが、やっぱりこの仕事をしている時が生きがいを感じます。

閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

受験終了の関係で、空きができそうです。新年度に向けて何か対策を始めたい方、お気軽にお問い合わせ下さい^_^ さて、高校受験生も、大学受験生も、この時期が本当に正念場。 高校受験生は、今月31日と、2月2日に私立高校入試が行われます。公立高校の滑り止めで受ける人が多く、安全圏の高校を受ける人も少なくないでしょう。 本命の公立高校と同じ位の偏差値の私立高校を受ける子にとっては、公立高校の出願先を決める

今日、教えている中3生の、1月みやぎ模試の結果を見ました。 第一志望校が、B判定。それも、ギリギリB判定ではなく、真ん中位のB判定。 去年、合格させた生徒もちょうどそのような状況でした。まさに理想形です。 出願して大丈夫ですよ!と太鼓判を押しました。 ただ、もちろん、A判定ではないぶん油断は禁物です。その点は、生徒本人にも強調して伝えました。 さあもうひと頑張り!

bottom of page