2月か。

おっと、もう2月か。ブログの更新が全然できておりませんが、それは忙しいからです。


家庭教師はちゃんと営業していますよ!

なので近況を。

大学受験生について。

共通テストが終わり、僕の教え子たちは第一志望の国立大には挑めるほどの点数をとってくれたので、安心して(それでも確実ではありませんが)対策ができます。国立二次対策のために赤本をせっせと解いています。大変だけど、解いていると「この大学はこういう傾向があるんだ!」と感じてこちらも勉強になります。

高校受験生は、1月みやぎ模試で、第一志望の公立後には何とか挑める位の結果は出せました。しかし、私立高校入試で、第一志望と同じ位の偏差値の私立高校を挑戦として受けているので、これの合否でまた変わってくるかもしれません。なので合格発表当日はドキドキハラハラです。毎年のことですけどね。

そして受験生でない生徒については、定期テスト対策バリバリやっております!

昨日も定期テスト前最後の授業。

つまずきそうなポイントを見つけて、そこの入念な確認。中学生であれば、学校のワークの提出があるので、抜けがないかをチェック。

調査書にもつながりますからね!

毎年毎年大変ですが、やっぱりこの仕事をしている時が生きがいを感じます。

閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

公立高校の入試の本番の点数は、合格発表よりも後の日に、高校に申請すれば開示してもらえます。 合格者であれば、入学式前の予備登校や、入学式後もすぐであれば開示してもらえます。 ただし、不合格の場合は、この開示のためだけにもう一度高校に足を運ばなければなりません。伺った学校に再度行くのは、精神的な負担なので、無理にはお勧めしません。 今年3月に合格した僕の教え子たちも、開示してもらいまして、僕も点数を

先日東北大合格について記事を書きましたが、そのお子さんに、数日前会う機会がありました。 合格した事は知っていましたが、とある事情で、お子さんとは直接話もできず、せっかく合格したのに少しもの寂しい思いをしました。 でもその日、ようやくおめでとうと声をかけることができました。本人もうれしそうでした。アルバイトを始めるところだそうで、サークルも入ろうとしているところがあるようで、順調な大学生活の予感です

本日、「授業について」のページを編集しました。ボタンを設置して、オンライン授業についてより詳しく知るためのページに飛べるようにしました。 Zoom。 コロナが流行りだした2020年の春ごろから、ちょこちょこ名前を聞くようになったツールです。 当時は僕も含め「なにこれ?」と思った人は少なくないでしょう。しかし今や、一般的なツールとなりました。社会人が職場で利用するのはもちろん、学童期のお子さんで