記号選択問題

中学でも高校でも、記号で選ぶ問題はありますね。


例えば英語なら、英文の空欄に当てはまる単語を選ぶ問題。理科や社会であれば、適切な語句や、説明文を選ぶ問題。



ここ最近特に強調して生徒さんに言っているのは、




正解の選択肢だけではなく、不正解の選択肢にも目を向けよう


ということです。



例えば、






正解は①ですが、ここで、「ああ。①が正解かー。jamは渋滞って意味なんだー」でスルーしては、真の学力アップは実現しません。


ここで!

①以外の選択肢にも注目。

例えば②のjunctionが、よく意味がわからないなと思ったら、辞書引くなり何なりして、「あー!②のjunctionって、交差点とか連結って意味なのか!」のように、すぐに調べて意味を確認し、覚える。


とにかく英語の勉強の中で目にした、わからない単語やイディオムをすぐに調べる。こういう積み重ねが大事なのです。

こういう取り組みを日々行なってほしいのです。


単語力アップのカギはこういうところ。

ターゲットとかソクタンとか見るのももちろんいいですが、文法問題を解いている最中にも難しい単語に出くわすことはあります。

そういう時に、ものにするんです!


文法の勉強だからといって、文法だけ学べばいいわけではないのです!


こうやって隅々まで神経を行き届かせられるか?

です。

もちろん他の教科にも言えることですよ!



口では言っても実現は難しいですね汗

閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

あけましておめでとうございます。 1日遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 昨日は早速授業でした。受験生です。まぁ受験生でもなきゃ正月3が日に授業受けないですね。(笑) とにかく過去問や予想問題を解いて、曖昧な部分の洗い出し作業を徹底してます。 模擬試験で大きくジャンプアップして、合格への兆しを見せてくれたお子さんもいました。でも油断大敵。何があるかわからないのが受験ですから。 そし

久しぶりのブログ(笑) まずは、指定校推薦で1人、総合型選抜で1人、高3生で合格者を出すことができました。 指定校推薦では評定の平均が必要な条件になるので、ちゃんと満たすように定期テスト対策は入念に行いました。 総合型選抜では、その子が受けた学校にはたまたま評定に条件はないので、面接指導に力を入れていました。 おかげで当日の面接は答えられなかった等のつまずきはなく、無事合格。 後は一般受験で大学を