記号選択問題

中学でも高校でも、記号で選ぶ問題はありますね。


例えば英語なら、英文の空欄に当てはまる単語を選ぶ問題。理科や社会であれば、適切な語句や、説明文を選ぶ問題。



ここ最近特に強調して生徒さんに言っているのは、




正解の選択肢だけではなく、不正解の選択肢にも目を向けよう


ということです。



例えば、






正解は①ですが、ここで、「ああ。①が正解かー。jamは渋滞って意味なんだー」でスルーしては、真の学力アップは実現しません。


ここで!

①以外の選択肢にも注目。

例えば②のjunctionが、よく意味がわからないなと思ったら、辞書引くなり何なりして、「あー!②のjunctionって、交差点とか連結って意味なのか!」のように、すぐに調べて意味を確認し、覚える。


とにかく英語の勉強の中で目にした、わからない単語やイディオムをすぐに調べる。こういう積み重ねが大事なのです。

こういう取り組みを日々行なってほしいのです。


単語力アップのカギはこういうところ。

ターゲットとかソクタンとか見るのももちろんいいですが、文法問題を解いている最中にも難しい単語に出くわすことはあります。

そういう時に、ものにするんです!


文法の勉強だからといって、文法だけ学べばいいわけではないのです!


こうやって隅々まで神経を行き届かせられるか?

です。

もちろん他の教科にも言えることですよ!



口では言っても実現は難しいですね汗

閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕に限った話では無いですが、基本的には生徒さんには次の授業までの宿題を必ず出すようにしています。 ■授業を受けて学んだ事を定着させるため ■そろそろ忘れている頃であろう、過去に習った単元を思い出させるため ■苦手なところを補強すしてもらうため が主な目的です。 何をしなければいけないか自分でわかっていて、言われなくてもそれを実行できるのであれば、宿題は特に出さなくても良いのですが、まぁそれが出来る

Zoom補講で一緒にコラボしている岩手在住のオンライン学習塾「大東村塾」さんを相互リンクに加えました。 こちら 塾長とは、10年以上前に、一緒の塾で働いていて知り合った仲です。 その塾を辞めた後も、やりとりはちょくちょくしていて、今年の初めに、「水曜日にZoomによる自習室を一緒にやらないか」と提案されて、今に至ります。 もしも僕と時間等が合わない新規の方でいらっしゃいましたら、オンラインにはなり

久々に忙しい。コロナが流行る2019年の夏休みは、受験生が多かったというのもあり非常に忙しかったですが、流行した去年と一昨年の夏休みは、例年よりもゆったりとした夏休みでした。一昨年より去年の方がまだ授業が入っていましたが。 やはり、夏特訓が良かったのかなと。料金は公表しませんが、破格の値段で行うことによって、多く授業をさせていただいて、多忙ながら充実しております。 やはり、お子様のために働けること