記号選択問題

中学でも高校でも、記号で選ぶ問題はありますね。


例えば英語なら、英文の空欄に当てはまる単語を選ぶ問題。理科や社会であれば、適切な語句や、説明文を選ぶ問題。



ここ最近特に強調して生徒さんに言っているのは、




正解の選択肢だけではなく、不正解の選択肢にも目を向けよう


ということです。



例えば、






正解は①ですが、ここで、「ああ。①が正解かー。jamは渋滞って意味なんだー」でスルーしては、真の学力アップは実現しません。


ここで!

①以外の選択肢にも注目。

例えば②のjunctionが、よく意味がわからないなと思ったら、辞書引くなり何なりして、「あー!②のjunctionって、交差点とか連結って意味なのか!」のように、すぐに調べて意味を確認し、覚える。


とにかく英語の勉強の中で目にした、わからない単語やイディオムをすぐに調べる。こういう積み重ねが大事なのです。

こういう取り組みを日々行なってほしいのです。


単語力アップのカギはこういうところ。

ターゲットとかソクタンとか見るのももちろんいいですが、文法問題を解いている最中にも難しい単語に出くわすことはあります。

そういう時に、ものにするんです!


文法の勉強だからといって、文法だけ学べばいいわけではないのです!


こうやって隅々まで神経を行き届かせられるか?

です。

もちろん他の教科にも言えることですよ!



口では言っても実現は難しいですね汗

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

もうすぐ5月が終わります。 そして6月になれば、中総体及び高総体、前期中間テストがあります。 運動部のお子さんにとっては、場合によっては来月で引退して、本格的に受験勉強モードに切り替わるターニングポイントになるでしょう。 僕は現在、ありがたいことに平日のゴールデンタイムは全て埋まっております。 空いているのは、 平日は17時や17時半開始といった、部活をしていないお子さんでないと厳しいような時間帯

公立高校の入試の本番の点数は、合格発表よりも後の日に、高校に申請すれば開示してもらえます。 合格者であれば、入学式前の予備登校や、入学式後もすぐであれば開示してもらえます。 ただし、不合格の場合は、この開示のためだけにもう一度高校に足を運ばなければなりません。伺った学校に再度行くのは、精神的な負担なので、無理にはお勧めしません。 今年3月に合格した僕の教え子たちも、開示してもらいまして、僕も点数を

先日東北大合格について記事を書きましたが、そのお子さんに、数日前会う機会がありました。 合格した事は知っていましたが、とある事情で、お子さんとは直接話もできず、せっかく合格したのに少しもの寂しい思いをしました。 でもその日、ようやくおめでとうと声をかけることができました。本人もうれしそうでした。アルバイトを始めるところだそうで、サークルも入ろうとしているところがあるようで、順調な大学生活の予感です