top of page

将来のこと

こんにちは。6月に入りましたね。ほとんどの学校は、今月末に前期中間テストがあります。


テスト範囲になると思われるところまで予習を進めたり、テスト範囲の復習をして苦手なところを洗い出したりなどしております。


ただ6月は、中総体、高総体が入ってきて、その代休で授業も潰れることが一般的になので、それも考慮するとどこまで進むかなってい読みが結構難しいですね…


あんまり進みすぎても進まなすぎても、非効率なので。




さて、僕はつい最近生徒さんに、「先生はどこの大学を出たんですかと聞かれたので、ちょっと今日はこういう話題を。


僕は、宮城教育大学数学教育専攻の出身です。(現在だと、教育学部の中等数学にあたるのかな)

僕は高校2年生の頃、クラスの副担任の数学の先生の授業がとてもわかりやすく面白くて、それがきっかけで数学がの点数が伸びていくようになりました。

それがすごく嬉しかったのです。

そういうふうに学ぶことの楽しさや将来進むべき進路を決めるきっかけを与えられる存在になりたいと思い、数学教師に憧れるようになりました。


入学後はいろいろ紆余曲折して、結局学校教師にはなりませんでしたが、家庭教師という形で、今教える仕事をしています。


形は違えど、高校2年生の時に思い描いていたものが、こうして今につながっているのです。


できることなら、大学には、「こういう仕事につきたい」「こういう勉強がしたい」という意識を持って入学するのが1番望ましいです。


ただ現実はなかなか難しいと思います。

将来の夢は探そうと思って見つかるものでもありませんので。

生徒さんに将来のことを聞くと、「まだ決まってない」って言う子はざらです。


僕が大学時代の時も、「教師になりたい!」っていうよりは、「自分は数学得意だから数学の先生になればいいかな〜」とか、「数学勉強したいけど、東北大無理だから仕方なく宮教に入りました」とかそんな軽い気持ちの人も少なくなかったです。


でもそういう人が意外と今学校教師ですごく頑張ってたりします。


まぁ将来の仕事は大学入ってから探すでもいいですし、仕事に就いた後に天職になるってこともあります。


まずは、自分の選択肢の幅を広げる意味で、しっかりと高い学力をつけつつ、少しずつ将来のことを考えていくのがいいんじゃないかなと思います。


ですので授業の際は、勉強を教えるだけではなく、そういう将来の話などもするようにしています。




現在は曜日によっては平日の17時台に、また日曜午前に空きがあります。

部活動で引退する受験生には、受けられなくはない時間かと思います。本格的に受験モードに切り替えたい方!ご予約承ります。

最新記事

すべて表示

1ヶ月

新年度が始まってからもう1ヵ月が過ぎています。新しい環境には慣れましたか? 中学、高校では、6月の中旬や下旬に、前期中間テストがあります。大体の学年だと、教科書の最初ということもあり、難易度は易し目で点数を取りやすいです。(例えば数学であれば計算問題メインとか。) それだけに、平均点も高くなることが予想されますので、取り組んだ人と取り組まない人の差が、はっきり出やすい単元でもあります。 お子様の学

2023年度もありがとうございました。

さて、本日で、2023年度が、終わります。明日からは新学年。そして、今年度受験生だった生徒さんは、新しい学校での新しい生活がスタートとなります。 今年度も、無事、生徒さんを公立高校及び公立大学へ入れることができました。 非受験生の生徒さんにおいても、人によりばらつきはあるものの、きちんと成果を出し、中には5教科で70点位伸ばした中学生のお子さんもいました。 また、途中解約することなく、すべてのご家

いや、わからないもんです。

高2から教えていたとあるお子さん。 できれば国公立大を志望とのことでしたが、定期試験の成績が振るわなかったのでまずは定期試験で取れる様にと指導スタート。 どうにか指導前よりは定期試験の点数を上げたものの、国公立大丈夫かな…とは思っていました。 文系の生徒さんなので、指導教科は数学、英語、化学基礎でした。(理科のもう一つは、生物基礎) 社会を全くサポートしてあげられないのが歯がゆいんですよね…でもこ

Comentarii


bottom of page