家庭教師で学んでほしいこと

さて、2021年度、学校が始まって1ヵ月はとっくに過ぎました。 新中1、新高1は、新しい環境にそろそろ慣れてきた頃かと思います。 学校によっては、定期テスト1ヶ月前になるところもあるでしょう。僕の教えているお子さんでは、高校生ですと6月中旬、中学生ですと6月末に行われるお子さんが多いです。 おそらく中間テストの範囲はここまでになるだろうと予測をつけて、本人の理解度も考慮したうえで、進めるだけ進めています。 もう範囲が終わったお子さんもいれば、もうすぐ終わりそうなお子さんもいて様々です。 もちろん定期テストがゴールではありません。その先には受験もありますが別に受験もゴールではありません。 家庭教師の指導を通じて学んでほしい事は、「やればできるんだ」ということです。

これは勉強以外にも通じる話ですし、学生から社会人になったあとでも通じる話です。

そういうのを少しでも感じて欲しいなと思い、日々授業に励んでいます。

平日なら18時半までなら空いているところあり。

21時過ぎから開始できる曜日もあります。

日曜なら、午前なら空いています。

ゴールデンタイムの空きはあいにくありませんが、上記のような時間帯でも構わないので一対一のサポートが必要な方、お問い合わせお待ちしております。

閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示

あけましておめでとうございます。 1日遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 昨日は早速授業でした。受験生です。まぁ受験生でもなきゃ正月3が日に授業受けないですね。(笑) とにかく過去問や予想問題を解いて、曖昧な部分の洗い出し作業を徹底してます。 模擬試験で大きくジャンプアップして、合格への兆しを見せてくれたお子さんもいました。でも油断大敵。何があるかわからないのが受験ですから。 そし

久しぶりのブログ(笑) まずは、指定校推薦で1人、総合型選抜で1人、高3生で合格者を出すことができました。 指定校推薦では評定の平均が必要な条件になるので、ちゃんと満たすように定期テスト対策は入念に行いました。 総合型選抜では、その子が受けた学校にはたまたま評定に条件はないので、面接指導に力を入れていました。 おかげで当日の面接は答えられなかった等のつまずきはなく、無事合格。 後は一般受験で大学を