2021年度実績

2021年度入試の、家庭教師のもりたの実績が出揃いました。


東北大学医学部看護学科

高崎経済大学経済学部

東北学院大学経済学部

拓殖大学情報工学科


珍しいことにこの年度は、高校受験生が1人もいませんでした。(過去に何回か携わったことのある中3生から連絡あって合否は聞きました。満足のいく結果に終わったようでした)

物理が苦手だった東北大志望の生徒さんを指導。共通テストでは、どうにか他教科の足を引っ張らない程度まで引き上げ、二次試験でも大きなつまずきはなかったようです。

そして得意の国数英(私は指導してないです)でしっかり点数を稼いで見事合格を勝ち取りました!

「得意な科目で稼ぎ、苦手科目は足を引っ張らない程度に」理想的な点数の取り方でした。


この生徒さんと会う機会が先日ありました。

すごく嬉しそうでした!

こういうときに、家庭教師やっててよかったと、実感できますね!


コロナ禍で医療の大切さが求められる昨今、頑張って夢を叶えてほしいですね!




高崎経済大学合格の生徒さんは、苦手な英語をどうにか足を引っ張らない程度まであげました。昔は英文法の基本もボロボロだったので…

英文法にコツコツと取り組んだのが功を奏しました。やはり長文と英文法は切っても切れない関係ですね!

そして2次で英語を使わず得意の数学が生かせる大学を受けて、見事合格を勝ちとりました。



拓殖大学を学校推薦型選抜で勝ち取ったお子さんも、定期テスト勉強をしっかりと頑張ったおかげで高い評定を取り合格できました。日々の取り組みはやはり大事ですね。




2022年度入試では、今のところ僕の受け持ちは

新中3生2人(うち1人は私立高志望)

新高3生1人(推薦利用予定)

浪人生1人(国公立大志望)


です。

おお、今回も国公立大志望者が。

来年度もやりがいのある年度になりそうです。


来年度も家庭教師のもりたは、生徒さんの夢の実現のために頑張ります!

^_^



最新記事

すべて表示

中3生の歩き方

たいていの中学校では、今月定期テストがあります。  中3生の場合の、その定期テストが終わった後の歩き方について話します。 中3生のある まず、7月から翌年1月までみやぎ模試が、毎月1回行われるようになります。 宮城県の中学生が受ける模擬試験の中でも最もメジャーなもので、これの成績の信憑性はかなり高いと僕は思っています。 とりあえず翌年1月のみやぎ模試で、B判定以上が取れれば、出願オーケーと僕はし

計算や応用問題だけじゃなく

定期テスト対策も、本腰を入れていく段階(もう終わってるところもありますが)です。 ここで、定期テストあるある。 中学校の数学の定期テストでは、大体どこの学校も、計算問題だけではなく、まるで理解や社会のように、語句を答えさせる問題があります。 例えば、 「足し算のことを( 1 )といい、引き算のことを( 2 )という」 のように。 ちなみに答えは、(1)が「加法」(2)が「減法」です。 数学というと

家庭教師で学んでほしいこと

さて、2021年度、学校が始まって1ヵ月はとっくに過ぎました。 新中1、新高1は、新しい環境にそろそろ慣れてきた頃かと思います。 学校によっては、定期テスト1ヶ月前になるところもあるでしょう。僕の教えているお子さんでは、高校生ですと6月中旬、中学生ですと6月末に行われるお子さんが多いです。 おそらく中間テストの範囲はここまでになるだろうと予測をつけて、本人の理解度も考慮したうえで、進めるだけ進