合格発表と近況

一昨日、公立高校入試の合格発表が行われました。


前の記事も書いた通り、今年は中3生が1人もいないという珍しい年だったので、「ああ、今日か〜」て感じでした(笑)


毎年、合格したという知らせを聞いて喜ぶなどドラマがありますから。


なんか寂しいものがあります。


まあ、そのかわり先日の記事のように大学入試でドラマがありましたけど!





今年度の家庭教師の森田の合格実績については、もう少しお待ちください。今月中にはまとめて書きます。




昨年は、第一志望の大学に合格したお子さんと、合格祝いにラーメンを食べに行きました。

https://ameblo.jp/mcfactory/entry-12581115769.html


これ以来、第一志望の大学に合格したお子さんとラーメンを食べに行くことを恒例行事にしようと思ったのですが、今年はコロナのせいで自粛せざるを得ません(笑)




このとき一緒に行ったお子さんは、今では勉強にバイトに頑張っているとの事でした。

少し前にお母さんから話を伺う機会がありました。



来年度は、行けるようになるといいですね。






そんな中、先週また1人生徒さんとご縁をいただけました。


公募推薦入試を考えている新高2生。


高い評定を獲得するだけではなく、筆記試験を見据えて実力養成もしていかなければいけないので、やる事は山積みですが、やりがいはあります!


以前僕が輩出した大学を目指しているので、そのときのノウハウが活かせそうです!

2年後、ラーメン一緒に食べに行けるといいなあ(笑)




そんなわけで、平日17時台と土曜午前しか、空きがなくなりました。


日曜はもしかしたら1人分空きができるかもしれませんが、4月以降にならないとわかりません。


コロナ禍の影響をもろに受けた1年前と異なり、2021年度は早くも忙しそうだ!頑張ろう。

最新記事

すべて表示

中3生の歩き方

たいていの中学校では、今月定期テストがあります。  中3生の場合の、その定期テストが終わった後の歩き方について話します。 中3生のある まず、7月から翌年1月までみやぎ模試が、毎月1回行われるようになります。 宮城県の中学生が受ける模擬試験の中でも最もメジャーなもので、これの成績の信憑性はかなり高いと僕は思っています。 とりあえず翌年1月のみやぎ模試で、B判定以上が取れれば、出願オーケーと僕はし

計算や応用問題だけじゃなく

定期テスト対策も、本腰を入れていく段階(もう終わってるところもありますが)です。 ここで、定期テストあるある。 中学校の数学の定期テストでは、大体どこの学校も、計算問題だけではなく、まるで理解や社会のように、語句を答えさせる問題があります。 例えば、 「足し算のことを( 1 )といい、引き算のことを( 2 )という」 のように。 ちなみに答えは、(1)が「加法」(2)が「減法」です。 数学というと

家庭教師で学んでほしいこと

さて、2021年度、学校が始まって1ヵ月はとっくに過ぎました。 新中1、新高1は、新しい環境にそろそろ慣れてきた頃かと思います。 学校によっては、定期テスト1ヶ月前になるところもあるでしょう。僕の教えているお子さんでは、高校生ですと6月中旬、中学生ですと6月末に行われるお子さんが多いです。 おそらく中間テストの範囲はここまでになるだろうと予測をつけて、本人の理解度も考慮したうえで、進めるだけ進