失敗談

プロ家庭教師として、10年以上(1対1個別指導としてはそれ以上)勤めてきた僕ですが、当然、昔の失敗談はあります。

7年くらい前まで、僕は、今のように家庭教師として指導に行きつつも、他の家庭教師の派遣もしていました。

ある新規のお客様と面談になりました。その日はお子さんはおらず、お父さんとお母さんだけいました。

いろいろ話をして、こちらとしてはできれば僕以外の家庭教師に仕事を振りたいと思っていたので、そういう方向で話をしていました。

するとお母さんから、「森田先生は授業しないんですか」と聞かれたので、授業もするという旨を伝え、「今回のお子さんも場合によっては私が指導しますよ」と伝えたところ、

お父さんから、「いえ、他の先生でお願いします」と言われました。

(;´д`)

どうやらこの時点で、僕はお父さんに嫌われてしまったようです…そしてこの日契約にはならず、後日連絡するということになり、案の定、契約不成立でした。

その原因は、面談が終わってすぐにわかりました。

面談が終わってすぐに、あることに気が付きました。

社会の窓が全開でした。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

そりゃあ、初対面でチャック全開で来る教師に教えてもらいたくはないわな…

ましてやこのご家庭のお子さん、女の子だったんで…

今ではさすがに身だしなみには気を遣います。家庭教師指導で家のチャイム鳴らす前は必ず社会の窓チェックしてます(笑)

確かにきちんと勉強を教えて成績を上げることも大事ですけど、そういうところも大事ですよね。



最新記事

すべて表示

2021年度始まりました

新年度に入り、もう半月が過ぎました。 ほとんどの生徒さんはもう学校が始まり、ようやく授業か何かが行われたというところです。 中学生のお子様に関しては、学校によってはも学校のワークが配布された頃なので(一般的に教科書は始業式の時に配布されますが、副教材は1週間ほど間をあけてから配布されます)そういう場合はもうすでにワークの問題を解かせます。ワーク提出をきちんとすることが評定にもつながりますからね。

オンライン授業について

ワクチンの普及が始まりつつありますが、まだまだ高齢者優先。 一般化するには時間がかかりそうです。今年いっぱいはずっとこのままでしょうね。 そんな中、オンライン授業は、画期的な手段の1つといえます。 昔から仲良くさせていただいている友達かつ同業者のある人と連絡を取る機会がありました。 その人はもっぱらオンラインで家庭教師をやっていて、僕にはない色々な工夫を凝らしてうまくやっているようでした。 やり方

2020年度総括

3月が終わるまであと2日間ありますが、受験生の合否もとっくに出揃っていますので、この2020年度を振り返ろうと思います。 なんといってもこの2020年度は、最初はコロナに悩まされました。 ちょうど1年前の春は、生徒さんが例年よりも少なかったです。もちろん、受験生が受験を終えて解約するので、春は生徒さんが減る時期ではあるのですが、例年の春よりもさらに少なかったです。 コロナ感染を恐れて授業をお休みす