失敗談

プロ家庭教師として、10年以上(1対1個別指導としてはそれ以上)勤めてきた僕ですが、当然、昔の失敗談はあります。

7年くらい前まで、僕は、今のように家庭教師として指導に行きつつも、他の家庭教師の派遣もしていました。

ある新規のお客様と面談になりました。その日はお子さんはおらず、お父さんとお母さんだけいました。

いろいろ話をして、こちらとしてはできれば僕以外の家庭教師に仕事を振りたいと思っていたので、そういう方向で話をしていました。

するとお母さんから、「森田先生は授業しないんですか」と聞かれたので、授業もするという旨を伝え、「今回のお子さんも場合によっては私が指導しますよ」と伝えたところ、

お父さんから、「いえ、他の先生でお願いします」と言われました。

(;´д`)

どうやらこの時点で、僕はお父さんに嫌われてしまったようです…そしてこの日契約にはならず、後日連絡するということになり、案の定、契約不成立でした。

その原因は、面談が終わってすぐにわかりました。

面談が終わってすぐに、あることに気が付きました。

社会の窓が全開でした。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

そりゃあ、初対面でチャック全開で来る教師に教えてもらいたくはないわな…

ましてやこのご家庭のお子さん、女の子だったんで…

今ではさすがに身だしなみには気を遣います。家庭教師指導で家のチャイム鳴らす前は必ず社会の窓チェックしてます(笑)

確かにきちんと勉強を教えて成績を上げることも大事ですけど、そういうところも大事ですよね。



最新記事

すべて表示

中3生の歩き方

たいていの中学校では、今月定期テストがあります。  中3生の場合の、その定期テストが終わった後の歩き方について話します。 中3生のある まず、7月から翌年1月までみやぎ模試が、毎月1回行われるようになります。 宮城県の中学生が受ける模擬試験の中でも最もメジャーなもので、これの成績の信憑性はかなり高いと僕は思っています。 とりあえず翌年1月のみやぎ模試で、B判定以上が取れれば、出願オーケーと僕はし

計算や応用問題だけじゃなく

定期テスト対策も、本腰を入れていく段階(もう終わってるところもありますが)です。 ここで、定期テストあるある。 中学校の数学の定期テストでは、大体どこの学校も、計算問題だけではなく、まるで理解や社会のように、語句を答えさせる問題があります。 例えば、 「足し算のことを( 1 )といい、引き算のことを( 2 )という」 のように。 ちなみに答えは、(1)が「加法」(2)が「減法」です。 数学というと

家庭教師で学んでほしいこと

さて、2021年度、学校が始まって1ヵ月はとっくに過ぎました。 新中1、新高1は、新しい環境にそろそろ慣れてきた頃かと思います。 学校によっては、定期テスト1ヶ月前になるところもあるでしょう。僕の教えているお子さんでは、高校生ですと6月中旬、中学生ですと6月末に行われるお子さんが多いです。 おそらく中間テストの範囲はここまでになるだろうと予測をつけて、本人の理解度も考慮したうえで、進めるだけ進