出会いと別れ。

一昨日付で、3年間お世話になったご家庭との契約が終了しました。

前の記事に書いた、拓殖大に受かったお子さんです。

希望する大学に送り出せて、安心しました。

学年末テスト直前までの指導でした。きっと良い成績を残してくれるでしょう。

でも大学合格はあくまでも通過点。自分のなりたい仕事に向けて、これからますますの精進を。

最後はさすがに少し切ないものがありましたね。毎年経験することですけどね。

そう思っていたら、昨日、去年の春までお世話になっていたご家庭から、下の子を見て欲しいというご要望が。

土日にはなりますが、もちろん喜んでお引き受けしました。

こうやって、ご縁が続いていくことは本当にありがたいものです。



閲覧数:90回0件のコメント

最新記事

すべて表示

公立高校の入試の本番の点数は、合格発表よりも後の日に、高校に申請すれば開示してもらえます。 合格者であれば、入学式前の予備登校や、入学式後もすぐであれば開示してもらえます。 ただし、不合格の場合は、この開示のためだけにもう一度高校に足を運ばなければなりません。伺った学校に再度行くのは、精神的な負担なので、無理にはお勧めしません。 今年3月に合格した僕の教え子たちも、開示してもらいまして、僕も点数を

先日東北大合格について記事を書きましたが、そのお子さんに、数日前会う機会がありました。 合格した事は知っていましたが、とある事情で、お子さんとは直接話もできず、せっかく合格したのに少しもの寂しい思いをしました。 でもその日、ようやくおめでとうと声をかけることができました。本人もうれしそうでした。アルバイトを始めるところだそうで、サークルも入ろうとしているところがあるようで、順調な大学生活の予感です

本日、「授業について」のページを編集しました。ボタンを設置して、オンライン授業についてより詳しく知るためのページに飛べるようにしました。 Zoom。 コロナが流行りだした2020年の春ごろから、ちょこちょこ名前を聞くようになったツールです。 当時は僕も含め「なにこれ?」と思った人は少なくないでしょう。しかし今や、一般的なツールとなりました。社会人が職場で利用するのはもちろん、学童期のお子さんで