top of page

出会いと別れ。

一昨日付で、3年間お世話になったご家庭との契約が終了しました。

前の記事に書いた、拓殖大に受かったお子さんです。

希望する大学に送り出せて、安心しました。

学年末テスト直前までの指導でした。きっと良い成績を残してくれるでしょう。

でも大学合格はあくまでも通過点。自分のなりたい仕事に向けて、これからますますの精進を。

最後はさすがに少し切ないものがありましたね。毎年経験することですけどね。

そう思っていたら、昨日、去年の春までお世話になっていたご家庭から、下の子を見て欲しいというご要望が。

土日にはなりますが、もちろん喜んでお引き受けしました。

こうやって、ご縁が続いていくことは本当にありがたいものです。



閲覧数:90回0件のコメント

最新記事

すべて表示

受験終了の関係で、空きができそうです。新年度に向けて何か対策を始めたい方、お気軽にお問い合わせ下さい^_^ さて、高校受験生も、大学受験生も、この時期が本当に正念場。 高校受験生は、今月31日と、2月2日に私立高校入試が行われます。公立高校の滑り止めで受ける人が多く、安全圏の高校を受ける人も少なくないでしょう。 本命の公立高校と同じ位の偏差値の私立高校を受ける子にとっては、公立高校の出願先を決める

今日、教えている中3生の、1月みやぎ模試の結果を見ました。 第一志望校が、B判定。それも、ギリギリB判定ではなく、真ん中位のB判定。 去年、合格させた生徒もちょうどそのような状況でした。まさに理想形です。 出願して大丈夫ですよ!と太鼓判を押しました。 ただ、もちろん、A判定ではないぶん油断は禁物です。その点は、生徒本人にも強調して伝えました。 さあもうひと頑張り!

bottom of page