出会いと別れ。

一昨日付で、3年間お世話になったご家庭との契約が終了しました。

前の記事に書いた、拓殖大に受かったお子さんです。

希望する大学に送り出せて、安心しました。

学年末テスト直前までの指導でした。きっと良い成績を残してくれるでしょう。

でも大学合格はあくまでも通過点。自分のなりたい仕事に向けて、これからますますの精進を。

最後はさすがに少し切ないものがありましたね。毎年経験することですけどね。

そう思っていたら、昨日、去年の春までお世話になっていたご家庭から、下の子を見て欲しいというご要望が。

土日にはなりますが、もちろん喜んでお引き受けしました。

こうやって、ご縁が続いていくことは本当にありがたいものです。



最新記事

すべて表示

中3生の歩き方

たいていの中学校では、今月定期テストがあります。  中3生の場合の、その定期テストが終わった後の歩き方について話します。 中3生のある まず、7月から翌年1月までみやぎ模試が、毎月1回行われるようになります。 宮城県の中学生が受ける模擬試験の中でも最もメジャーなもので、これの成績の信憑性はかなり高いと僕は思っています。 とりあえず翌年1月のみやぎ模試で、B判定以上が取れれば、出願オーケーと僕はし

計算や応用問題だけじゃなく

定期テスト対策も、本腰を入れていく段階(もう終わってるところもありますが)です。 ここで、定期テストあるある。 中学校の数学の定期テストでは、大体どこの学校も、計算問題だけではなく、まるで理解や社会のように、語句を答えさせる問題があります。 例えば、 「足し算のことを( 1 )といい、引き算のことを( 2 )という」 のように。 ちなみに答えは、(1)が「加法」(2)が「減法」です。 数学というと

家庭教師で学んでほしいこと

さて、2021年度、学校が始まって1ヵ月はとっくに過ぎました。 新中1、新高1は、新しい環境にそろそろ慣れてきた頃かと思います。 学校によっては、定期テスト1ヶ月前になるところもあるでしょう。僕の教えているお子さんでは、高校生ですと6月中旬、中学生ですと6月末に行われるお子さんが多いです。 おそらく中間テストの範囲はここまでになるだろうと予測をつけて、本人の理解度も考慮したうえで、進めるだけ進