top of page

これまでの成果を!

明日はいよいよ、大学入試共通テストです。

日本全国の国立大学を狙う受験生たちは、この日のためにこれまで一生懸命勉強してきたと思います。それが試される二日間です。

僕の生徒たちの授業は、昨日で終わりました。

前の記事にも書いたように、今手持ちの過去問や模擬試験の解き直しをやっていきました。

その中で、数学に関しては例年のセンター試験では出題されにくい分野(循環小数とn進法を絡めた問題、軌跡、領域、円と直線の位置関係、相加平均と相乗平均など)も扱いました。

確かに、出題される確率は高いか低いで言えば低いです。

でも、全く出題されないとは言い切れません。現に、2020年度のセンター試験では、例年は追試でしか出題されなかった循環小数とn進法を絡めた問題が、まさか本試験で出題されました。

こういったまさかの自体のために、対策をやっておく必要はあります。やらないと、そこで大きく点を失うので。

模擬試験の解き直しでは、受けた当時は解けなかったのにこの日やったら解けた問題もあり、成長を感じました。これが、本番の時にどれだけ発揮されるか…


良い知らせを期待して、今週末は固唾を飲みながら過ごします。


ファイト!




閲覧数:74回0件のコメント

最新記事

すべて表示

受験終了の関係で、空きができそうです。新年度に向けて何か対策を始めたい方、お気軽にお問い合わせ下さい^_^ さて、高校受験生も、大学受験生も、この時期が本当に正念場。 高校受験生は、今月31日と、2月2日に私立高校入試が行われます。公立高校の滑り止めで受ける人が多く、安全圏の高校を受ける人も少なくないでしょう。 本命の公立高校と同じ位の偏差値の私立高校を受ける子にとっては、公立高校の出願先を決める

今日、教えている中3生の、1月みやぎ模試の結果を見ました。 第一志望校が、B判定。それも、ギリギリB判定ではなく、真ん中位のB判定。 去年、合格させた生徒もちょうどそのような状況でした。まさに理想形です。 出願して大丈夫ですよ!と太鼓判を押しました。 ただ、もちろん、A判定ではないぶん油断は禁物です。その点は、生徒本人にも強調して伝えました。 さあもうひと頑張り!

bottom of page