これまでの成果を!

明日はいよいよ、大学入試共通テストです。

日本全国の国立大学を狙う受験生たちは、この日のためにこれまで一生懸命勉強してきたと思います。それが試される二日間です。

僕の生徒たちの授業は、昨日で終わりました。

前の記事にも書いたように、今手持ちの過去問や模擬試験の解き直しをやっていきました。

その中で、数学に関しては例年のセンター試験では出題されにくい分野(循環小数とn進法を絡めた問題、軌跡、領域、円と直線の位置関係、相加平均と相乗平均など)も扱いました。

確かに、出題される確率は高いか低いで言えば低いです。

でも、全く出題されないとは言い切れません。現に、2020年度のセンター試験では、例年は追試でしか出題されなかった循環小数とn進法を絡めた問題が、まさか本試験で出題されました。

こういったまさかの自体のために、対策をやっておく必要はあります。やらないと、そこで大きく点を失うので。

模擬試験の解き直しでは、受けた当時は解けなかったのにこの日やったら解けた問題もあり、成長を感じました。これが、本番の時にどれだけ発揮されるか…


良い知らせを期待して、今週末は固唾を飲みながら過ごします。


ファイト!




最新記事

すべて表示

日々戦い

中学校では、早いところで2月上旬、遅くとも中旬には学年末テストが行われました。 よって今の時期は、テストが返却されます。 僕が教えている生徒さんたちも、テストが返却されました 後期中間テストでは下がってしまったけれども今回で持ち直した子もいれば、思うように伸びなかった子もいて様々です。 ここ最近は中学生のテストの振り返りをしていました。 僕は、基本的には定期テストが終わったら振り返りは必ずしており

出会いと別れ。

一昨日付で、3年間お世話になったご家庭との契約が終了しました。 前の記事に書いた、拓殖大に受かったお子さんです。 希望する大学に送り出せて、安心しました。 学年末テスト直前までの指導でした。きっと良い成績を残してくれるでしょう。 でも大学合格はあくまでも通過点。自分のなりたい仕事に向けて、これからますますの精進を。 最後はさすがに少し切ないものがありましたね。毎年経験することですけどね。 そう思っ

見つけ出す

共通テスト本番、ついに1週間前を切りました。 僕の生徒たちも、本番前の最終確認を行っています。 この時期はとにかく、今手持ちの過去問や、これまで受けてきた模擬試験の復習をすることが大事です。 下手に新しい問題集等に手をつけるのはよろしくないです。そこで問題が解けずつまずくと、そこから不安やプレッシャーが生じ、本番にも影響します。 手持ちの教材でも、解き直せば、穴が必ず見つかります。 「この単語の意

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now