突然の電話

1週間ほど前に、1つの電話が。

今年の春休みに、お問い合わせをいただいた、ご家庭からです。 一旦契約を結んだものの、諸々の事情で春休み期間中だけとなったご家庭ですが、突然のお電話でしたので、驚きました。 お話を聞いたところ、来年度からお願いしたいということでした。 嬉しいですね ^_^ ですので、平日のゴールデンタイムを予約しておきたいと言うことでした。 現在平日のゴールデンタイムには受験生が入っているところもあるので、年度が変わって空く曜日はあります。 春休みのときの授業で、数学がすごくわかりやすかった、わかるようになった、とお子様が言っていたそうです。 それも今回のご予約に結びついた一因のようです。 誠心誠意きちんと授業に取り組んだのが功を奏したのかなと思いました。 こういうお話があると、この仕事やって良かったなと、しみじみと思います。 お客様に対して誠意を尽くす、そういうことなんですよね。当たり前のことですがそれをなくしては、どんな商売も成り立たない。 それをわからない人が、これまでの人生の中で何人かいました。悲しいことです。 それはさておき、もしかすると、来年度は年度始めから平日ゴールデンタイムが埋まっているかもしれない? ありがたい話です。

期待に応えれるよう頑張らないとね。

最新記事

すべて表示

日々戦い

中学校では、早いところで2月上旬、遅くとも中旬には学年末テストが行われました。 よって今の時期は、テストが返却されます。 僕が教えている生徒さんたちも、テストが返却されました 後期中間テストでは下がってしまったけれども今回で持ち直した子もいれば、思うように伸びなかった子もいて様々です。 ここ最近は中学生のテストの振り返りをしていました。 僕は、基本的には定期テストが終わったら振り返りは必ずしており

出会いと別れ。

一昨日付で、3年間お世話になったご家庭との契約が終了しました。 前の記事に書いた、拓殖大に受かったお子さんです。 希望する大学に送り出せて、安心しました。 学年末テスト直前までの指導でした。きっと良い成績を残してくれるでしょう。 でも大学合格はあくまでも通過点。自分のなりたい仕事に向けて、これからますますの精進を。 最後はさすがに少し切ないものがありましたね。毎年経験することですけどね。 そう思っ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now