充実

ここ最近忙しいです。

授業も増えてきたし、授業の準備(プリントの準備や、教える内容の理解など)にも追われています。



すごくいい感じです。



おかげさまで、現在の状況は、


■すべての曜日でゴールデンタイムが埋まる

■金曜日の16時半や17時といった夕方の時間と、土日の早い時間しか空きがない


といったところです。



嬉しい限りです。

最近はいつにも増して充実しています。


昨年は高校受験生、大学受験生合わせて過去最多の人数でしたので、その大部分が抜けるとともに、そこにコロナショックが重なり今春の集客はかなり厳しかったです。


お子様を相手に授業をする教育産業にとってはこのコロナショックはかなりの打撃でした(教育産業に限らず大部分の業種はそうでしょう…)


なかなか生徒さんが集まらず、コロナショックを機に、落ち着くまで授業休止の申し出がありそのまま解約となったご家庭も正直何件かありました。



いざとなったら違う仕事も考えようかとか考えてしまいましたが、新規様の問い合わせが増え始めて、ようやくいつもらしくなってきたと思います。


やっぱり、このコロナショックでも定期テストは、受験はやってきます。

学習サポートを求める人はやっぱりいるのです。



そういった方々の力になりたいです。

成績を伸ばす、志望校に受かる、そういったことは勿論考えて実現のために全力を尽くしますが、それ以上に、1つのことにがんばり抜くことを、指導の中で感じてもらいたいと思っております。

がんばり抜いたことが、必ずどこかで生きてきますから。




上記のようにまだ空きはあります!

勉強でお悩みの方、まずは一度面談を!



最新記事

すべて表示

中3生の歩き方

たいていの中学校では、今月定期テストがあります。  中3生の場合の、その定期テストが終わった後の歩き方について話します。 中3生のある まず、7月から翌年1月までみやぎ模試が、毎月1回行われるようになります。 宮城県の中学生が受ける模擬試験の中でも最もメジャーなもので、これの成績の信憑性はかなり高いと僕は思っています。 とりあえず翌年1月のみやぎ模試で、B判定以上が取れれば、出願オーケーと僕はし

計算や応用問題だけじゃなく

定期テスト対策も、本腰を入れていく段階(もう終わってるところもありますが)です。 ここで、定期テストあるある。 中学校の数学の定期テストでは、大体どこの学校も、計算問題だけではなく、まるで理解や社会のように、語句を答えさせる問題があります。 例えば、 「足し算のことを( 1 )といい、引き算のことを( 2 )という」 のように。 ちなみに答えは、(1)が「加法」(2)が「減法」です。 数学というと

家庭教師で学んでほしいこと

さて、2021年度、学校が始まって1ヵ月はとっくに過ぎました。 新中1、新高1は、新しい環境にそろそろ慣れてきた頃かと思います。 学校によっては、定期テスト1ヶ月前になるところもあるでしょう。僕の教えているお子さんでは、高校生ですと6月中旬、中学生ですと6月末に行われるお子さんが多いです。 おそらく中間テストの範囲はここまでになるだろうと予測をつけて、本人の理解度も考慮したうえで、進めるだけ進