充実

ここ最近忙しいです。

授業も増えてきたし、授業の準備(プリントの準備や、教える内容の理解など)にも追われています。



すごくいい感じです。



おかげさまで、現在の状況は、


■すべての曜日でゴールデンタイムが埋まる

■金曜日の16時半や17時といった夕方の時間と、土日の早い時間しか空きがない


といったところです。



嬉しい限りです。

最近はいつにも増して充実しています。


昨年は高校受験生、大学受験生合わせて過去最多の人数でしたので、その大部分が抜けるとともに、そこにコロナショックが重なり今春の集客はかなり厳しかったです。


お子様を相手に授業をする教育産業にとってはこのコロナショックはかなりの打撃でした(教育産業に限らず大部分の業種はそうでしょう…)


なかなか生徒さんが集まらず、コロナショックを機に、落ち着くまで授業休止の申し出がありそのまま解約となったご家庭も正直何件かありました。



いざとなったら違う仕事も考えようかとか考えてしまいましたが、新規様の問い合わせが増え始めて、ようやくいつもらしくなってきたと思います。


やっぱり、このコロナショックでも定期テストは、受験はやってきます。

学習サポートを求める人はやっぱりいるのです。



そういった方々の力になりたいです。

成績を伸ばす、志望校に受かる、そういったことは勿論考えて実現のために全力を尽くしますが、それ以上に、1つのことにがんばり抜くことを、指導の中で感じてもらいたいと思っております。

がんばり抜いたことが、必ずどこかで生きてきますから。




上記のようにまだ空きはあります!

勉強でお悩みの方、まずは一度面談を!



最新記事

すべて表示

2021年度始まりました

新年度に入り、もう半月が過ぎました。 ほとんどの生徒さんはもう学校が始まり、ようやく授業か何かが行われたというところです。 中学生のお子様に関しては、学校によってはも学校のワークが配布された頃なので(一般的に教科書は始業式の時に配布されますが、副教材は1週間ほど間をあけてから配布されます)そういう場合はもうすでにワークの問題を解かせます。ワーク提出をきちんとすることが評定にもつながりますからね。

オンライン授業について

ワクチンの普及が始まりつつありますが、まだまだ高齢者優先。 一般化するには時間がかかりそうです。今年いっぱいはずっとこのままでしょうね。 そんな中、オンライン授業は、画期的な手段の1つといえます。 昔から仲良くさせていただいている友達かつ同業者のある人と連絡を取る機会がありました。 その人はもっぱらオンラインで家庭教師をやっていて、僕にはない色々な工夫を凝らしてうまくやっているようでした。 やり方

2020年度総括

3月が終わるまであと2日間ありますが、受験生の合否もとっくに出揃っていますので、この2020年度を振り返ろうと思います。 なんといってもこの2020年度は、最初はコロナに悩まされました。 ちょうど1年前の春は、生徒さんが例年よりも少なかったです。もちろん、受験生が受験を終えて解約するので、春は生徒さんが減る時期ではあるのですが、例年の春よりもさらに少なかったです。 コロナ感染を恐れて授業をお休みす