公立高校入試当日にコロナにかかっていると

僕が教えているお子さんでは無いですが、僕の知っている人で、宮城県公立高校入試当日に、コロナにかかってしまった生徒さんがいます。その子は、当然3月4日の試験日には試験を受けることができませんでした。


13日の追試験日も受けることができなかったようですが、果たしてこの子はどうなったのか?

実はちゃんと、手は打ってあるんです。

https://www.pref.miyagi.jp/documents/7009/r40210korona.pdf

宮城県教育委員会のホームページ。



治ったタイミングによって、柔軟に対応してくれます。

そのお子さんは、23日に受験し、見事合格しました。

おめでとうございます。

仮に23日に受験できなかったとしても、書類審査のみで決めることになっているようです。

もちろん、かからないことが1番ですし、それ以上に、感染がおさまることがさらに大事ですが、もし1年後の受験も今のような状況であったとしても、このように柔軟に対応してくれるでしょう。

行きたい学校に行けることが、1番ですからね。

そして僕は行きたい学校に行けるように、少しでも偏差値を伸ばし、適切な進路アドバイス。

新中3生のための戦いはもう始まっているからね、頑張ろう〜



閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

現在、定期テスト対策真っ只中です。 早いところでは今週末に行われるので、もうすでに対策授業を終えて送り出したお子さんもいれば、ようやくテスト範囲が渡されて、対策方針のめどが立ったお子さんもいます。 テスト対策のために先月や先々月で休んでたまっていた振替を入れたり、急遽授業の追加等のお問い合わせもあったりと、忙しいですが充実しております。 さて、このブログでは勉強のことばかり書いているような気もしま

宮城県唯一の男子校となった東北学院高校が、2022年度からついに共学化することになりました。 こちら まさに驚愕(笑) 2010年前後に、公立も私立も共学化が盛んに行われ(学生が撤廃されたのもこの辺です)それでも本校は男子校を貫いてきましたが… 共学化の理由は明言されていませんがおそらくはやはり前々からの少子化による生徒確保の困難と、もしかすると今世界を騒がせているコロナショックによる経営不振なの

最近、指定校推薦を受ける予定の高3生の授業に行ったら、コロナの影響で、指定校推薦の試験内容が変わったことを知らされました。 どのように変わったかと言うと、なんと、行われるはずだった面接及び口頭試問が中止となり、書類審査と課題提出(作文のみ)で良くなりました。 大学のキャンパスに行く必要はなくなりました。 確かに…受験生を集めて密にしたくないということでしょうね。 併願できる第二希望の大学で