いい知らせ

本日、宮城県公立高校入試が行われました。

河北新報社にて毎年恒例の、問題と解答の発表がありました。

僕は今のところ数学と英語はざっと見ましたが、数学はだいぶ問題構成が変わってましたね。でもそれでも予想外な出題はなかったですね。

英語も、新学習指導要領で入ってきた原形不定詞等は一見なさそうです。(長文の中にあるかもしれません。それはこれから確認します)

ちょっと取り越し苦労だったかな(笑)

ある受験生のご家庭から、この発表を見て自己採点した結果をご連絡いただきました。

文章記述のところが外れていればそこから下がる可能性はありますが、聞いた限りは志望校の合格は十分にあり得る点数で、とりあえず一安心でした。

後は結果を待つのみ!

毎年のことながらドキドキハラハラです。

その一方で、大学受験生からも、滑り止めの大学に合格したという知らせを聞きました。

でもまだ本命の大学の合否は出ていないので、こちらもどうなることやら。

心臓に良くない日々が続きますが、がんばるぞ(笑)

閲覧数:103回0件のコメント

最新記事

すべて表示

公立高校の入試の本番の点数は、合格発表よりも後の日に、高校に申請すれば開示してもらえます。 合格者であれば、入学式前の予備登校や、入学式後もすぐであれば開示してもらえます。 ただし、不合格の場合は、この開示のためだけにもう一度高校に足を運ばなければなりません。伺った学校に再度行くのは、精神的な負担なので、無理にはお勧めしません。 今年3月に合格した僕の教え子たちも、開示してもらいまして、僕も点数を

先日東北大合格について記事を書きましたが、そのお子さんに、数日前会う機会がありました。 合格した事は知っていましたが、とある事情で、お子さんとは直接話もできず、せっかく合格したのに少しもの寂しい思いをしました。 でもその日、ようやくおめでとうと声をかけることができました。本人もうれしそうでした。アルバイトを始めるところだそうで、サークルも入ろうとしているところがあるようで、順調な大学生活の予感です

本日、「授業について」のページを編集しました。ボタンを設置して、オンライン授業についてより詳しく知るためのページに飛べるようにしました。 Zoom。 コロナが流行りだした2020年の春ごろから、ちょこちょこ名前を聞くようになったツールです。 当時は僕も含め「なにこれ?」と思った人は少なくないでしょう。しかし今や、一般的なツールとなりました。社会人が職場で利用するのはもちろん、学童期のお子さんで