オンライン授業について

ワクチンの普及が始まりつつありますが、まだまだ高齢者優先。

一般化するには時間がかかりそうです。今年いっぱいはずっとこのままでしょうね。


そんな中、オンライン授業は、画期的な手段の1つといえます。


昔から仲良くさせていただいている友達かつ同業者のある人と連絡を取る機会がありました。

その人はもっぱらオンラインで家庭教師をやっていて、僕にはない色々な工夫を凝らしてうまくやっているようでした。


やり方次第なんだなと!




僕も、zoomによるオンライン授業の受付はしております。


対面授業なら、僕の指導可能地域範囲は、仙台市、多賀城市、塩竈市、名取市、岩沼市、富谷市です。

それ以外は要相談です。(厳密に言うと、北なら大崎市、南なら柴田町、角田市くらいなら行けないこともないですが、交通費がかなり高くなるのでそこをご理解いただければということになってきます)


しかしオンライン授業であれば、指導可能地域に制限がございません。

栗原市、石巻市、白石市などはもちろん、県外からのお問い合わせも受け付けております。





なお、状況によって対面授業とオンライン授業を使い分けるスタンスにももちろん対応しております。


実際そのようにしているご契約者様はおります。

テスト前や、学校から多く課題が出された時など大事な時は対面で、そこまで重要性がない時はオンラインで…のように。


大手と違いそこは柔軟にやっておりますので!





しかし、まさかオンライン授業が日の目を見る日が来るとは思わなんだ…


この「家庭教師のもりた」を始める前に、ある知人と家庭教師事業をやっていて、その知人が立ち上げて1年もしないうちに、「オンライン家庭教師やったらいいんじゃないか」と言い出したんですね。僕は正直乗り気じゃなかったんです。「まずは普通の対面の家庭教師でちゃんとお客さんが集まるように基盤を固めてからのほうがいいんじゃないか」と僕は思っていたのですが、聞かなくて…


で、しぶしぶ当時のホームページにオンライン家庭教師の案内を打ち出したのですが、結局需要が全くなく、中途半端に終りました…


着眼点は良かったけど、時代を先取りしすぎたようですな…(笑)

最新記事

すべて表示

中3生の歩き方

たいていの中学校では、今月定期テストがあります。  中3生の場合の、その定期テストが終わった後の歩き方について話します。 中3生のある まず、7月から翌年1月までみやぎ模試が、毎月1回行われるようになります。 宮城県の中学生が受ける模擬試験の中でも最もメジャーなもので、これの成績の信憑性はかなり高いと僕は思っています。 とりあえず翌年1月のみやぎ模試で、B判定以上が取れれば、出願オーケーと僕はし

計算や応用問題だけじゃなく

定期テスト対策も、本腰を入れていく段階(もう終わってるところもありますが)です。 ここで、定期テストあるある。 中学校の数学の定期テストでは、大体どこの学校も、計算問題だけではなく、まるで理解や社会のように、語句を答えさせる問題があります。 例えば、 「足し算のことを( 1 )といい、引き算のことを( 2 )という」 のように。 ちなみに答えは、(1)が「加法」(2)が「減法」です。 数学というと

家庭教師で学んでほしいこと

さて、2021年度、学校が始まって1ヵ月はとっくに過ぎました。 新中1、新高1は、新しい環境にそろそろ慣れてきた頃かと思います。 学校によっては、定期テスト1ヶ月前になるところもあるでしょう。僕の教えているお子さんでは、高校生ですと6月中旬、中学生ですと6月末に行われるお子さんが多いです。 おそらく中間テストの範囲はここまでになるだろうと予測をつけて、本人の理解度も考慮したうえで、進めるだけ進