マーク模試を経て

ほとんどの高校では、先月末にマーク模試がありました。僕の教え子たちも受けました。 すると、ある生徒さんは、かなりの躍進が見られました! 苦手だった化学基礎と、英語で点数伸びが見られました。

総合点も、大幅に上がりました。国立大に手が届きそうになってきました!

化学基礎に関してはセンターの過去問にしっかりと取り組み、英語は文法の強化に力を入れました。 長文と文法は関係なさそうで実はあるんですよ。「この言葉がどの言葉にどうかかっているのか」とか、文法がわからなかったら、結局訳せないものなんですよ。

日本人だって、日本語の文法を身に付けているから、日本語の文が読めるわけですよね?

テキストも特別なものを使ったわけではありません。 文法の基礎をおぼつかなかった頃はフォレスタというほんとに基礎的な英文法の塾教材を使っていましたが、ここ最近は、学校で買わせるビンテージ(他の学校でいうとネクステージやスクランブルのようなもの)を中心に扱いました。 ビンテージのような類の問題集ですと、問題文の中に使われている単語もそれなりに難しいものが使われているので、単語の勉強にもなるんですよ。 その効果が出ました。特に英語は、予想以上に良くてビックリしました。ほんとこの仕事冥利に尽きると思った瞬間でした。

ただしかし、それでも志望校にはまだまだ届きません。しかも社会が伸び悩んでいますが、高校社会は専門外なんですよ… それでも、勉強の方向性や計画立てぐらいはやんないとなと思っています。 残念ながらあまり伸びなかったなかった生徒さんもいますが、死ぬ気で頑張れば、挽回はまだ利きます。最後まで戦いましょう。僕もとことん付き合います

^_^

最新記事

すべて表示

中3生の歩き方

たいていの中学校では、今月定期テストがあります。  中3生の場合の、その定期テストが終わった後の歩き方について話します。 中3生のある まず、7月から翌年1月までみやぎ模試が、毎月1回行われるようになります。 宮城県の中学生が受ける模擬試験の中でも最もメジャーなもので、これの成績の信憑性はかなり高いと僕は思っています。 とりあえず翌年1月のみやぎ模試で、B判定以上が取れれば、出願オーケーと僕はし

計算や応用問題だけじゃなく

定期テスト対策も、本腰を入れていく段階(もう終わってるところもありますが)です。 ここで、定期テストあるある。 中学校の数学の定期テストでは、大体どこの学校も、計算問題だけではなく、まるで理解や社会のように、語句を答えさせる問題があります。 例えば、 「足し算のことを( 1 )といい、引き算のことを( 2 )という」 のように。 ちなみに答えは、(1)が「加法」(2)が「減法」です。 数学というと

家庭教師で学んでほしいこと

さて、2021年度、学校が始まって1ヵ月はとっくに過ぎました。 新中1、新高1は、新しい環境にそろそろ慣れてきた頃かと思います。 学校によっては、定期テスト1ヶ月前になるところもあるでしょう。僕の教えているお子さんでは、高校生ですと6月中旬、中学生ですと6月末に行われるお子さんが多いです。 おそらく中間テストの範囲はここまでになるだろうと予測をつけて、本人の理解度も考慮したうえで、進めるだけ進