ゲット!


よし!

指定校推薦の枠取れた。



指定校推薦は、枠が取れればもう受かったも同然です。


後は学校から要求された願書を提出して、面接で普通に志望動機等ちゃんと答えられれば、合格できます。


しかも私が教えている生徒さんの受験する大学は、なんとコロナを考慮して、キャンパスに受験生を集めての試験はなく、書類審査と作文だけで審査するということになりました。





順調に進みすぎて怖いです(笑)

でも、入学してからが本当の勝負ですからね。今学校で教わっていることが、大学入ってから非常に大事になる内容なので、学校の授業のサポートは引き続き行っていくことになりそうです。


まぁまずは、結果を待とう。



そして今は後期中間テスト対策に追われてます。早いところではもう来週に行われますからね。


最後の詰めに取り掛かるぞ〜



42回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

中3生の歩き方

たいていの中学校では、今月定期テストがあります。  中3生の場合の、その定期テストが終わった後の歩き方について話します。 中3生のある まず、7月から翌年1月までみやぎ模試が、毎月1回行われるようになります。 宮城県の中学生が受ける模擬試験の中でも最もメジャーなもので、これの成績の信憑性はかなり高いと僕は思っています。 とりあえず翌年1月のみやぎ模試で、B判定以上が取れれば、出願オーケーと僕はし

計算や応用問題だけじゃなく

定期テスト対策も、本腰を入れていく段階(もう終わってるところもありますが)です。 ここで、定期テストあるある。 中学校の数学の定期テストでは、大体どこの学校も、計算問題だけではなく、まるで理解や社会のように、語句を答えさせる問題があります。 例えば、 「足し算のことを( 1 )といい、引き算のことを( 2 )という」 のように。 ちなみに答えは、(1)が「加法」(2)が「減法」です。 数学というと

家庭教師で学んでほしいこと

さて、2021年度、学校が始まって1ヵ月はとっくに過ぎました。 新中1、新高1は、新しい環境にそろそろ慣れてきた頃かと思います。 学校によっては、定期テスト1ヶ月前になるところもあるでしょう。僕の教えているお子さんでは、高校生ですと6月中旬、中学生ですと6月末に行われるお子さんが多いです。 おそらく中間テストの範囲はここまでになるだろうと予測をつけて、本人の理解度も考慮したうえで、進めるだけ進