あともう少し!

久しぶりのブログ(笑)


まずは、指定校推薦で1人、総合型選抜で1人、高3生で合格者を出すことができました。

指定校推薦では評定の平均が必要な条件になるので、ちゃんと満たすように定期テスト対策は入念に行いました。

総合型選抜では、その子が受けた学校にはたまたま評定に条件はないので、面接指導に力を入れていました。 おかげで当日の面接は答えられなかった等のつまずきはなく、無事合格。


後は一般受験で大学を受けるお子さんたち、高校受験のお子さんたちです。

まだまだ戦いは続きます! 大学の共通テストまで1ヶ月切りました。共通テストの点数で、出願できる国公立大がほぼ決まりますので、この1カ月間本当に勝負です。 高校受験においても、この今の時期は本当に気合の入れどころ。宮城県の中学生たちが受ける模擬試験の定番中の定番、みやぎ模試。

このみやぎ模試は1月と2月にも行われますが、2月の模試は結果が返ってくるのが公立高校出願後なので、実質1月の模擬試験が、出願先を決めると言っても過言ではありません。 大きな戦いまでもう少しですね!

僕と一緒に最後まで戦い抜きましょう!

閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

公立高校の入試の本番の点数は、合格発表よりも後の日に、高校に申請すれば開示してもらえます。 合格者であれば、入学式前の予備登校や、入学式後もすぐであれば開示してもらえます。 ただし、不合格の場合は、この開示のためだけにもう一度高校に足を運ばなければなりません。伺った学校に再度行くのは、精神的な負担なので、無理にはお勧めしません。 今年3月に合格した僕の教え子たちも、開示してもらいまして、僕も点数を

先日東北大合格について記事を書きましたが、そのお子さんに、数日前会う機会がありました。 合格した事は知っていましたが、とある事情で、お子さんとは直接話もできず、せっかく合格したのに少しもの寂しい思いをしました。 でもその日、ようやくおめでとうと声をかけることができました。本人もうれしそうでした。アルバイトを始めるところだそうで、サークルも入ろうとしているところがあるようで、順調な大学生活の予感です

本日、「授業について」のページを編集しました。ボタンを設置して、オンライン授業についてより詳しく知るためのページに飛べるようにしました。 Zoom。 コロナが流行りだした2020年の春ごろから、ちょこちょこ名前を聞くようになったツールです。 当時は僕も含め「なにこれ?」と思った人は少なくないでしょう。しかし今や、一般的なツールとなりました。社会人が職場で利用するのはもちろん、学童期のお子さんで