top of page

だから指導って面白い。

昔、ある生徒さんに引き算の繰り下がりを説明したときのことでした。



僕は小学校のときに上記のやり方で教わっていたので、このやり方で話しました。

隣から10借りてきて、それを21の1に足して11にして、8を引くという考えです。

しかし、生徒さんはまったくピンときていない様子でした。

どうしたらいいかわからず戸惑いましたが、数字を変えた違う問題を解かせたら、僕が教わったやり方と違うやり方でこの生徒さんは教わっていたことがわかりました。

以下がそのやり方です。



借りてきた10を、21の1には足さず、その10から8を引いた後に21の1を足す、というやり方です。

なるほど!どうりで何度説明しても分からないはずです

(^◇^;)

でも、この方がある意味楽かもですね。

11-8をするより10-8をした方が楽ですからね。

僕は前者の方に慣れてしまいましたが(笑)

人によって理解の仕方は様々だなと改めて関心を持ちました。

\(^o^)/

指導していると、こういうのが見えてくるんですよね!

まぁ、自分が小学生の頃ってもう何十年も前ですからね~

最新記事

すべて表示

最初の戦い

6月です。多くの中高では、定期テストがあります。 中学生、もしくは推薦を考えている高校生にとっては特に定期テストは非常に大事です。 評定は高校入試、大学の推薦入試に大きく関わりますから。 もちろん、推薦を考えていない高校生にとっても、大事ではあります。定期テストで出題される内容を理解していないのに、入試で良い点数が取れるわけありませんから。 誰にとっても大事です。テスト範囲も明らかになって、今の時

1ヶ月

新年度が始まってからもう1ヵ月が過ぎています。新しい環境には慣れましたか? 中学、高校では、6月の中旬や下旬に、前期中間テストがあります。大体の学年だと、教科書の最初ということもあり、難易度は易し目で点数を取りやすいです。(例えば数学であれば計算問題メインとか。) それだけに、平均点も高くなることが予想されますので、取り組んだ人と取り組まない人の差が、はっきり出やすい単元でもあります。 お子様の学

2023年度もありがとうございました。

さて、本日で、2023年度が、終わります。明日からは新学年。そして、今年度受験生だった生徒さんは、新しい学校での新しい生活がスタートとなります。 今年度も、無事、生徒さんを公立高校及び公立大学へ入れることができました。 非受験生の生徒さんにおいても、人によりばらつきはあるものの、きちんと成果を出し、中には5教科で70点位伸ばした中学生のお子さんもいました。 また、途中解約することなく、すべてのご家

Comments


bottom of page