学校のワーク

2021年度も、もう1ヶ月が過ぎました。ただいまゴールデンウィーク真っ只中。


それでも私は通常通り、授業をしております。


僕は基本、ご家庭からお休みのご要望をいただかない限りは、ゴールデンウィークでも、大晦日でもお正月でも、授業をするスタンスです(大晦日や正月だとさすがに受験生でないご家庭は休みますが(笑))




中学生のお子さんには、もうすでに学校のワークを進めさせています。家庭教師の授業で、学校の授業よりも先に進んでいる場合は、進めた部分までもう解かせています。


こうでもしないと、なかなかお子さんは自主的にワークをしないのですよ。。




特に新中1生にとっては、初めてのことなので、「学校の授業でまだ入っていないのにもうやっちゃっていいんですか?」と疑問を抱くお子さんもいます。


大いに結構!

どんどん進めていいんです!

学校の先生に提出しろって言われたときに、指定されたページより、少なくやって怒られる事はあっても、多くやって怒られる事は無いんですよ!

(ただ噂では、世の中には「予習をするな」「学校の進路よりも先の問題やるな」と言う学校教師も居るとか居ないとか…)


今のうちからしっかりやっておけば、ワーク提出を求められたときに焦らなくて済むので、時間に余裕を持って、テスト勉強をすることができます。


こういった勉強の仕方も、伝えています。





現在、平日の17時台に若干の空きがあります。部活に入っていない方、大歓迎です。

受験生の部活引退後のご予約も承ります


最新記事

すべて表示

2021年度始まりました

新年度に入り、もう半月が過ぎました。 ほとんどの生徒さんはもう学校が始まり、ようやく授業か何かが行われたというところです。 中学生のお子様に関しては、学校によってはも学校のワークが配布された頃なので(一般的に教科書は始業式の時に配布されますが、副教材は1週間ほど間をあけてから配布されます)そういう場合はもうすでにワークの問題を解かせます。ワーク提出をきちんとすることが評定にもつながりますからね。

オンライン授業について

ワクチンの普及が始まりつつありますが、まだまだ高齢者優先。 一般化するには時間がかかりそうです。今年いっぱいはずっとこのままでしょうね。 そんな中、オンライン授業は、画期的な手段の1つといえます。 昔から仲良くさせていただいている友達かつ同業者のある人と連絡を取る機会がありました。 その人はもっぱらオンラインで家庭教師をやっていて、僕にはない色々な工夫を凝らしてうまくやっているようでした。 やり方

2020年度総括

3月が終わるまであと2日間ありますが、受験生の合否もとっくに出揃っていますので、この2020年度を振り返ろうと思います。 なんといってもこの2020年度は、最初はコロナに悩まされました。 ちょうど1年前の春は、生徒さんが例年よりも少なかったです。もちろん、受験生が受験を終えて解約するので、春は生徒さんが減る時期ではあるのですが、例年の春よりもさらに少なかったです。 コロナ感染を恐れて授業をお休みす