top of page

学校のワーク

2021年度も、もう1ヶ月が過ぎました。ただいまゴールデンウィーク真っ只中。


それでも私は通常通り、授業をしております。


僕は基本、ご家庭からお休みのご要望をいただかない限りは、ゴールデンウィークでも、大晦日でもお正月でも、授業をするスタンスです(大晦日や正月だとさすがに受験生でないご家庭は休みますが(笑))




中学生のお子さんには、もうすでに学校のワークを進めさせています。家庭教師の授業で、学校の授業よりも先に進んでいる場合は、進めた部分までもう解かせています。


こうでもしないと、なかなかお子さんは自主的にワークをしないのですよ。。




特に新中1生にとっては、初めてのことなので、「学校の授業でまだ入っていないのにもうやっちゃっていいんですか?」と疑問を抱くお子さんもいます。


大いに結構!

どんどん進めていいんです!

学校の先生に提出しろって言われたときに、指定されたページより、少なくやって怒られる事はあっても、多くやって怒られる事は無いんですよ!

(ただ噂では、世の中には「予習をするな」「学校の進路よりも先の問題やるな」と言う学校教師も居るとか居ないとか…)


今のうちからしっかりやっておけば、ワーク提出を求められたときに焦らなくて済むので、時間に余裕を持って、テスト勉強をすることができます。


こういった勉強の仕方も、伝えています。





現在、平日の17時台に若干の空きがあります。部活に入っていない方、大歓迎です。

受験生の部活引退後のご予約も承ります


閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年度もありがとうございました。

さて、本日で、2023年度が、終わります。明日からは新学年。そして、今年度受験生だった生徒さんは、新しい学校での新しい生活がスタートとなります。 今年度も、無事、生徒さんを公立高校及び公立大学へ入れることができました。 非受験生の生徒さんにおいても、人によりばらつきはあるものの、きちんと成果を出し、中には5教科で70点位伸ばした中学生のお子さんもいました。 また、途中解約することなく、すべてのご家

いや、わからないもんです。

高2から教えていたとあるお子さん。 できれば国公立大を志望とのことでしたが、定期試験の成績が振るわなかったのでまずは定期試験で取れる様にと指導スタート。 どうにか指導前よりは定期試験の点数を上げたものの、国公立大丈夫かな…とは思っていました。 文系の生徒さんなので、指導教科は数学、英語、化学基礎でした。(理科のもう一つは、生物基礎) 社会を全くサポートしてあげられないのが歯がゆいんですよね…でもこ

まさかの2月に

僕、2月1日の記事で、「高校受験生はいない」と書きましたが、 実はあれから、高校受験生を受け持つことになりました。 問い合わせがありまして、ご契約いただいたのが、2月上旬。私立高校入試の結果も既に出ている状態でした。 公立高校対策の最後の追い込みをしてほしいとの事でした。 正直、第一志望はB判定、それも、BとCとの境目と、AとBとの境目との真ん中らへんの、大丈夫な位置にはいたのですが、より安心した

Comments


bottom of page