top of page

見つけ出した後は…

受験指導はとにかくまず、過去問なり模試なり手持ちの教材の復習を徹底して、自分の苦手なところを見つけ出すことが大事です。

やっていけば必ず、苦手な単元が見つかります。そして次の授業まで課題も大体その苦手な単元に沿って出します。 ですが、その見つかった苦手単元を克服するためにどれだけ本人が頑張れるか、最終的にはそこにかかっています。 僕が行っているのは、苦手単元の発見と、それに対する解説、解くコツを教えること。

そこから先はと本人。 もちろんその勉強の中でわからなかったところもちろん教えますが。 生徒との2人3脚、(もっと言うと保護者との3人4脚)でないと受験は勝ち取れないのです。

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年度もありがとうございました。

さて、本日で、2023年度が、終わります。明日からは新学年。そして、今年度受験生だった生徒さんは、新しい学校での新しい生活がスタートとなります。 今年度も、無事、生徒さんを公立高校及び公立大学へ入れることができました。 非受験生の生徒さんにおいても、人によりばらつきはあるものの、きちんと成果を出し、中には5教科で70点位伸ばした中学生のお子さんもいました。 また、途中解約することなく、すべてのご家

いや、わからないもんです。

高2から教えていたとあるお子さん。 できれば国公立大を志望とのことでしたが、定期試験の成績が振るわなかったのでまずは定期試験で取れる様にと指導スタート。 どうにか指導前よりは定期試験の点数を上げたものの、国公立大丈夫かな…とは思っていました。 文系の生徒さんなので、指導教科は数学、英語、化学基礎でした。(理科のもう一つは、生物基礎) 社会を全くサポートしてあげられないのが歯がゆいんですよね…でもこ

まさかの2月に

僕、2月1日の記事で、「高校受験生はいない」と書きましたが、 実はあれから、高校受験生を受け持つことになりました。 問い合わせがありまして、ご契約いただいたのが、2月上旬。私立高校入試の結果も既に出ている状態でした。 公立高校対策の最後の追い込みをしてほしいとの事でした。 正直、第一志望はB判定、それも、BとCとの境目と、AとBとの境目との真ん中らへんの、大丈夫な位置にはいたのですが、より安心した

Comments


bottom of page