化学基礎の紛らわしいもの

化学基礎で、間違いやすいものの1つ。



中和における、正塩、酸性塩、塩基性塩。



これを、水に溶かしたときの性質のことだと思っている人は少なくないです。



正塩、酸性塩、塩基性塩の見分け方は、「化学式で書いたときに、HまたはOHがあるか」それだけです!



炭酸水素ナトリウム

NaHCO3

これは、Hが含まれているから酸性塩。


塩化水酸化マグネシウム

MgCl(OH)

これはOHが含まれているから塩基性塩。


塩化ナトリウム(食塩)

NaCl

これはHもOHもないので正塩。


酢酸ナトリウム

CH3COONa

これは、「H3」はあるけど、これは酢酸特有のパーツの一部であり、酸性か塩基性かを判断するのとは関係ない部分です。

よって正塩。



ここ、紛らわしいんです。


僕が今教えている高3生のお子さんも、この点について誤解していたので、教えてあげたら、そうだったのか、と目から鱗状態でした。

こうやって、曖昧なところ覚えていなかったところを洗い出して、修正し、得点につなげる。

勉強とは、これの繰り返し! 来月末はマーク模試があるから、頑張らねば。

なお…水に溶かしたときの性質は、塩の化学式から、元になる酸性水溶液と塩基性水溶液がわかるので、それぞれが、弱か強かで決まります。 ですから、強酸が何で強塩基で何か覚えておく必要がありますね!

強のほうを覚えとけば、残りはみんな弱ってことになります。

強酸→塩酸、硝酸、硫酸

強塩基→水酸化ナトリウム、水酸化バリウム、水酸化カリウム、水酸化カルシウム


塩化アンモニウム

NH4Cl

元になるのは塩酸(強)とアンモニア(弱)

よって、強いほうが優先され、水に溶かすと酸性になることがわかります。

24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

間に合ってます

月一回位、僕の電話にセールスの電話が来ます。 内容は大体、効率よく集客できるようにしますよというサービス。 「宮城や仙台でやられてる家庭教師の方にご案内していたんですよ〜」って語り口、何回聞いただろ。。 でもどこも1ヵ月に3、4万円料金がかかるというもの… そのサービスで4万円を超える分新規様を獲得しないと元を取れないってわけですが… 僕は今、平日のゴールデンタイムは全て埋まり、平日に17時台の空

夏を有意義に

もうすぐ夏休みがやってきます。 受験生にとっては、この夏が勝負です。 学校がない分、普段はなかなかできない1、2年生の復習や、受験に頻出の単元の補強(1次関数の応用とか)をみっちりと行うチャンスです。 ここを有効に使うかが勝敗の分かれ目といっても過言ではありません。 受験のないお子さんにとっても、これまで習った内容の復習や、休み明け少し経つと行われる前期期末テストの対策など、やるべきことがたくさん

一回一回を有効に

仙台市内の中学校では、定期テストが来週にあるところも少なくありません。定期テストが終われば、受験勉強モードに本格的に切り替えなければいけません。 そして来月から、新みやぎ模試が毎月行われます。一発目は7月11日日曜日、申し込み締め切りが7月1日までです。 もう1週間切っております! 自分の実力を測りたい方、お申し込みは早めに! お申し込みは書店や、新宮城教育公式ホームページにて。 さて、定期テスト