化学基礎の紛らわしいもの

化学基礎で、間違いやすいものの1つ。



中和における、正塩、酸性塩、塩基性塩。



これを、水に溶かしたときの性質のことだと思っている人は少なくないです。



正塩、酸性塩、塩基性塩の見分け方は、「化学式で書いたときに、HまたはOHがあるか」それだけです!



炭酸水素ナトリウム

NaHCO3

これは、Hが含まれているから酸性塩。


塩化水酸化マグネシウム

MgCl(OH)

これはOHが含まれているから塩基性塩。


塩化ナトリウム(食塩)

NaCl

これはHもOHもないので正塩。


酢酸ナトリウム

CH3COONa

これは、「H3」はあるけど、これは酢酸特有のパーツの一部であり、酸性か塩基性かを判断するのとは関係ない部分です。

よって正塩。



ここ、紛らわしいんです。


僕が今教えている高3生のお子さんも、この点について誤解していたので、教えてあげたら、そうだったのか、と目から鱗状態でした。

こうやって、曖昧なところ覚えていなかったところを洗い出して、修正し、得点につなげる。

勉強とは、これの繰り返し! 来月末はマーク模試があるから、頑張らねば。

なお…水に溶かしたときの性質は、塩の化学式から、元になる酸性水溶液と塩基性水溶液がわかるので、それぞれが、弱か強かで決まります。 ですから、強酸が何で強塩基で何か覚えておく必要がありますね!

強のほうを覚えとけば、残りはみんな弱ってことになります。

強酸→塩酸、硝酸、硫酸

強塩基→水酸化ナトリウム、水酸化バリウム、水酸化カリウム、水酸化カルシウム


塩化アンモニウム

NH4Cl

元になるのは塩酸(強)とアンモニア(弱)

よって、強いほうが優先され、水に溶かすと酸性になることがわかります。

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

日々戦い

中学校では、早いところで2月上旬、遅くとも中旬には学年末テストが行われました。 よって今の時期は、テストが返却されます。 僕が教えている生徒さんたちも、テストが返却されました 後期中間テストでは下がってしまったけれども今回で持ち直した子もいれば、思うように伸びなかった子もいて様々です。 ここ最近は中学生のテストの振り返りをしていました。 僕は、基本的には定期テストが終わったら振り返りは必ずしており

地震

13日の地震、驚きましたね。あんなに大きい地震は久しぶりでした。 しかも奇しくも、東日本大震災の10年後であるこの年に。 3月11日でしたから、日にち的にもまあまあ近いですね。ほぼ1ヵ月前。 何か運命を感じてならないです。 そのときのように津波が起きるまでには至りませんでしたが、地域によっては停電が起きたり、仙台でも新幹線が運行見合わせになったりと、被害はそれなりにあるようです… 僕は地

出会いと別れ。

一昨日付で、3年間お世話になったご家庭との契約が終了しました。 前の記事に書いた、拓殖大に受かったお子さんです。 希望する大学に送り出せて、安心しました。 学年末テスト直前までの指導でした。きっと良い成績を残してくれるでしょう。 でも大学合格はあくまでも通過点。自分のなりたい仕事に向けて、これからますますの精進を。 最後はさすがに少し切ないものがありましたね。毎年経験することですけどね。 そう思っ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now