化学基礎の紛らわしいもの

化学基礎で、間違いやすいものの1つ。



中和における、正塩、酸性塩、塩基性塩。



これを、水に溶かしたときの性質のことだと思っている人は少なくないです。



正塩、酸性塩、塩基性塩の見分け方は、「化学式で書いたときに、HまたはOHがあるか」それだけです!



炭酸水素ナトリウム

NaHCO3

これは、Hが含まれているから酸性塩。


塩化水酸化マグネシウム

MgCl(OH)

これはOHが含まれているから塩基性塩。


塩化ナトリウム(食塩)

NaCl

これはHもOHもないので正塩。


酢酸ナトリウム

CH3COONa

これは、「H3」はあるけど、これは酢酸特有のパーツの一部であり、酸性か塩基性かを判断するのとは関係ない部分です。

よって正塩。



ここ、紛らわしいんです。


僕が今教えている高3生のお子さんも、この点について誤解していたので、教えてあげたら、そうだったのか、と目から鱗状態でした。

こうやって、曖昧なところ覚えていなかったところを洗い出して、修正し、得点につなげる。

勉強とは、これの繰り返し! 来月末はマーク模試があるから、頑張らねば。

なお…水に溶かしたときの性質は、塩の化学式から、元になる酸性水溶液と塩基性水溶液がわかるので、それぞれが、弱か強かで決まります。 ですから、強酸が何で強塩基で何か覚えておく必要がありますね!

強のほうを覚えとけば、残りはみんな弱ってことになります。

強酸→塩酸、硝酸、硫酸

強塩基→水酸化ナトリウム、水酸化バリウム、水酸化カリウム、水酸化カルシウム


塩化アンモニウム

NH4Cl

元になるのは塩酸(強)とアンモニア(弱)

よって、強いほうが優先され、水に溶かすと酸性になることがわかります。

閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕に限った話では無いですが、基本的には生徒さんには次の授業までの宿題を必ず出すようにしています。 ■授業を受けて学んだ事を定着させるため ■そろそろ忘れている頃であろう、過去に習った単元を思い出させるため ■苦手なところを補強すしてもらうため が主な目的です。 何をしなければいけないか自分でわかっていて、言われなくてもそれを実行できるのであれば、宿題は特に出さなくても良いのですが、まぁそれが出来る

Zoom補講で一緒にコラボしている岩手在住のオンライン学習塾「大東村塾」さんを相互リンクに加えました。 こちら 塾長とは、10年以上前に、一緒の塾で働いていて知り合った仲です。 その塾を辞めた後も、やりとりはちょくちょくしていて、今年の初めに、「水曜日にZoomによる自習室を一緒にやらないか」と提案されて、今に至ります。 もしも僕と時間等が合わない新規の方でいらっしゃいましたら、オンラインにはなり

久々に忙しい。コロナが流行る2019年の夏休みは、受験生が多かったというのもあり非常に忙しかったですが、流行した去年と一昨年の夏休みは、例年よりもゆったりとした夏休みでした。一昨年より去年の方がまだ授業が入っていましたが。 やはり、夏特訓が良かったのかなと。料金は公表しませんが、破格の値段で行うことによって、多く授業をさせていただいて、多忙ながら充実しております。 やはり、お子様のために働けること