共通テスト日程

今年度からスタートになる大学入試共通テストの日程はこうなります。 第1日程 令和3年1月16日、17日 第2日程 令和3年1月30日、31日

特例追試験 令和3年2月13日、14日


第1日程は、これまでのセンター試験とほぼ同時期に行われます。第2日程は、それより2週間遅れての実施です。 この第2日程は、コロナの影響により休校やオンライン授業などの措置が取られ、学習に遅れがあると判断した場合に選択して受験ができるというものです。

第1日程と第2日程は、受験生の意思で選ぶことができます。出願は今月28日からなので、もうすでに選択し終わった頃ですかね。 特例追試験は、第2日程を病気などの原因で受けられなかった人が受けるものです。受ける人はさらに少ないでしょうが。

もう4ヶ月切っています。 センター試験の過去問はもちろん、学校の手持ちの問題集や、受ける受けない関係なくいろんな大学の過去問など、多角的に勉強していく必要がありますね。

結局過去問と同じ問題は出ませんからね。 定期テスト対策と同じ感覚でいては当然失敗します。想像以上に勉強しなければいけません。 わからないところは学校の先生なり、塾や家庭教師があればそこの先生など、とにかく聞いて聞いて聞きまくって、わからないところをそのままにしない。これを重視していかないといけないです。 僕はそのサポートをしているのです。

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

なんと、5月2日から、zoomの使用が変更になり、無料会員がホストだと参加人数に関係なく40分でミーティングが強制終了するものとなってしまいました。 晴天の霹靂です。 これは、zoomを使って仕事をする人間にとっては衝撃ですね。。 家庭教師の授業は90分は確実にかかるので、これはたまらんと、有料会員となりました。 それにあたり苦渋の決断をしました。 わずかながら、授業料を変更いたし

公立高校の入試の本番の点数は、合格発表よりも後の日に、高校に申請すれば開示してもらえます。 合格者であれば、入学式前の予備登校や、入学式後もすぐであれば開示してもらえます。 ただし、不合格の場合は、この開示のためだけにもう一度高校に足を運ばなければなりません。伺った学校に再度行くのは、精神的な負担なので、無理にはお勧めしません。 今年3月に合格した僕の教え子たちも、開示してもらいまして、僕も点数を

先日東北大合格について記事を書きましたが、そのお子さんに、数日前会う機会がありました。 合格した事は知っていましたが、とある事情で、お子さんとは直接話もできず、せっかく合格したのに少しもの寂しい思いをしました。 でもその日、ようやくおめでとうと声をかけることができました。本人もうれしそうでした。アルバイトを始めるところだそうで、サークルも入ろうとしているところがあるようで、順調な大学生活の予感です