共通テスト日程

今年度からスタートになる大学入試共通テストの日程はこうなります。 第1日程 令和3年1月16日、17日 第2日程 令和3年1月30日、31日

特例追試験 令和3年2月13日、14日


第1日程は、これまでのセンター試験とほぼ同時期に行われます。第2日程は、それより2週間遅れての実施です。 この第2日程は、コロナの影響により休校やオンライン授業などの措置が取られ、学習に遅れがあると判断した場合に選択して受験ができるというものです。

第1日程と第2日程は、受験生の意思で選ぶことができます。出願は今月28日からなので、もうすでに選択し終わった頃ですかね。 特例追試験は、第2日程を病気などの原因で受けられなかった人が受けるものです。受ける人はさらに少ないでしょうが。

もう4ヶ月切っています。 センター試験の過去問はもちろん、学校の手持ちの問題集や、受ける受けない関係なくいろんな大学の過去問など、多角的に勉強していく必要がありますね。

結局過去問と同じ問題は出ませんからね。 定期テスト対策と同じ感覚でいては当然失敗します。想像以上に勉強しなければいけません。 わからないところは学校の先生なり、塾や家庭教師があればそこの先生など、とにかく聞いて聞いて聞きまくって、わからないところをそのままにしない。これを重視していかないといけないです。 僕はそのサポートをしているのです。

33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

学校のワーク

2021年度も、もう1ヶ月が過ぎました。ただいまゴールデンウィーク真っ只中。 それでも私は通常通り、授業をしております。 僕は基本、ご家庭からお休みのご要望をいただかない限りは、ゴールデンウィークでも、大晦日でもお正月でも、授業をするスタンスです(大晦日や正月だとさすがに受験生でないご家庭は休みますが(笑)) 中学生のお子さんには、もうすでに学校のワークを進めさせています。家庭教師の授業で、学校の

2021年度始まりました

新年度に入り、もう半月が過ぎました。 ほとんどの生徒さんはもう学校が始まり、ようやく授業か何かが行われたというところです。 中学生のお子様に関しては、学校によってはも学校のワークが配布された頃なので(一般的に教科書は始業式の時に配布されますが、副教材は1週間ほど間をあけてから配布されます)そういう場合はもうすでにワークの問題を解かせます。ワーク提出をきちんとすることが評定にもつながりますからね。

オンライン授業について

ワクチンの普及が始まりつつありますが、まだまだ高齢者優先。 一般化するには時間がかかりそうです。今年いっぱいはずっとこのままでしょうね。 そんな中、オンライン授業は、画期的な手段の1つといえます。 昔から仲良くさせていただいている友達かつ同業者のある人と連絡を取る機会がありました。 その人はもっぱらオンラインで家庭教師をやっていて、僕にはない色々な工夫を凝らしてうまくやっているようでした。 やり方