東北学院高校

東北学院高校。仙台が誇る、伝統の私立の男子校です。

少子化の影響で多くの私立高校が共学化した中、男子校のスタンスを保ち続けています。

以前に記事に書きましたが、これまでの家庭教師の指導の中で、この高校にお子さんが通っているご家庭からの問い合わせが一番多かったです。

やはり授業スピードが速く独特のカリキュラムをするので、それに対応できるようにという事と思われます。

この高校には、TGコース、総合進学コース、特別進学コースの3つがあります。

TGコースは、内部進学のためのコースです。学校の授業をきちんと受けて評定を普通にとっていれば、東北学院大学にエスカレーターで上がれるというものです。

総合進学コースは、東北学院大学以外の大学も目指せるコースです。内部進学はないです。ほとんどは、他大学をAOや公募推薦、一般入試で受けます。

特別進学はその名の通り、国公立大や難関大を目指したコースです。

今回僕が特に取り上げたいのは真ん中の総合進学コースです。

ここのコースは特別進学ほどでは無いにしろ、授業スピードがかなり速いです。

しかし、そこはやはり総合進学だからか、カリキュラムが一般入試にバッチリ対応しているかというと、あまりそうでもない気がします。

かといって、内部進学もない。

一般入試などで東北学院大学を、他の高校の受験生と同じ扱いで受ける事は可能ではありますが、受かったところでそこにはTGコースから上がってきた人たちもいるので、そういう人たちと同じキャンパスで過ごすのはちょっと…と難色を示しがちです。

まぁそれなら最初からTGコースに入っておけばよかったという話になりますからね。。。

僕は個人的に、TGと総合進学コースはひとまとめにしていいと思います。

だって内部進学できるというのが私立の学校の強みですからね…それなしで実力勝負で進学するのは特別進学コースだけで良いように思います。

東北学院大学は、地元の就職率も良く、私立ということで国公立大よりは学費が高いという事だけ目をつむればいい大学だと思うんですけどね。

そこを、内部進学という私立の学校の強みが活かせない、TGコースの子とは…という気持ちから受けられないというのはもったいなくてかわいそうな気がするんですよ…

ううむ。



85回の閲覧

最新記事

すべて表示

まさかの共学化

宮城県唯一の男子校となった東北学院高校が、2022年度からついに共学化することになりました。 こちら まさに驚愕(笑) 2010年前後に、公立も私立も共学化が盛んに行われ(学生が撤廃されたのもこの辺です)それでも本校は男子校を貫いてきましたが… 共学化の理由は明言されていませんがおそらくはやはり前々からの少子化による生徒確保の困難と、もしかすると今世界を騒がせているコロナショックによる経営不振なの

影響があちらこちらに

最近、指定校推薦を受ける予定の高3生の授業に行ったら、コロナの影響で、指定校推薦の試験内容が変わったことを知らされました。 どのように変わったかと言うと、なんと、行われるはずだった面接及び口頭試問が中止となり、書類審査と課題提出(作文のみ)で良くなりました。 大学のキャンパスに行く必要はなくなりました。 確かに…受験生を集めて密にしたくないということでしょうね。 併願できる第二希望の大学で

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now