top of page

夏休みが近づいています

ほとんどの学校では、定期テストがもう終わって、返却されているところでしょう。お疲れ様でした。


僕の生徒さんでも、これまでの指導の成果がバッチリ出たと感じられるお子さんや、十分には実力を出し切れなかったお子さんなど様々です。

いずれにせよ、その結果を踏まえて、今後の勉強どうしていくか考えていただければなりません。


そして、7月中旬から始まる夏休み。これをいかに有効に過ごすかが、夏休み明けのテスト、特に受験生にとっては受験の合否に大きく関わります。



とはいっても、僕は、塾のような夏期講習は特にはやりません(笑)


そもそも家庭教師は、1対1でのサポートが適している生徒さんのためにあるものなので、そこで集団授業やるのは野暮だなと。。


まぁ、やるとしたら、夏休み中に集中的に授業を入れる位ですかね…



いずれにせよ、前期中間テストの結果が出て、


今後に不安を抱いているけど、塾はついていけるかなぁと思っている方


塾に通っているけど、なかなか成果が出ないので切り替え、もしくは、併用をお考えの方



等々、塾ではサポートできないところを私が担って参ります。




周りの家庭教師の方で、塾に鞍替えする方も何人かいますが、僕はこのまま家庭教師を続けます。


塾ほど多くはないものの、家庭教師のニーズは必ず一定数あるものと思っています。そういった層に受け入れられる存在でありたいと考えています。


この夏で、変わってみたい方、ご一報ください!

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

やっと半分

今日で6月が終わります。 つまり、2024年の半分が終わります。 まあ、教育産業の人間にとっては、「2024年」より「2024年『度』」というくくりのほうが意味があるんですけどね(笑) つい先日、前期中間テストの結果が大幅に伸びて、生徒さんのほうから「先生のおかげです」と言われました。 うれしい限りです。 保護者様も「こんなに伸びるとは」と驚いていました。 でも僕はきっかけを与えただけ。 生徒さん

最初の戦い

6月です。多くの中高では、定期テストがあります。 中学生、もしくは推薦を考えている高校生にとっては特に定期テストは非常に大事です。 評定は高校入試、大学の推薦入試に大きく関わりますから。 もちろん、推薦を考えていない高校生にとっても、大事ではあります。定期テストで出題される内容を理解していないのに、入試で良い点数が取れるわけありませんから。 誰にとっても大事です。テスト範囲も明らかになって、今の時

1ヶ月

新年度が始まってからもう1ヵ月が過ぎています。新しい環境には慣れましたか? 中学、高校では、6月の中旬や下旬に、前期中間テストがあります。大体の学年だと、教科書の最初ということもあり、難易度は易し目で点数を取りやすいです。(例えば数学であれば計算問題メインとか。) それだけに、平均点も高くなることが予想されますので、取り組んだ人と取り組まない人の差が、はっきり出やすい単元でもあります。 お子様の学

Comments


bottom of page