2021年度最後の記事

さて、今日でついに、2021年度が終わりまして、明日から2022年度が始まりますね。


なので総括をしようと思います。

高校受験生が全くいなかった昨年度とうってかわり、高校受験生もいて、大学受験生もいて。

昨年度はコロナが流行りだした時期だったので生徒さんも少なかったですが、おかげさまで、生徒さんの多い状態で今年度はスタートできました。

今年度は中学校の教科書が変わったはじめての年でした。数学で言えば箱ひげ図、英語で言えば仮定法など、高校から流れてきた単元もありましたが、どうにか乗り切りました。

高校受験生、全員きちんと合格させました。特に仙台一高合格のお子さんは本当に嬉しかったです。授業がスタートしてからの成長率が半端なかったので。

大学受験生は、国公立一般受験のお子さんや、学校推薦型選抜、総合型選抜のお子さんもいて、多様な対策を要しましたが、どうにか合格に導くことができました。

来年度も、このようにお子さんのために尽くしてまいります。

よろしくお願いいたします。

今年度関わりを持てましたご家庭、同業者の方々等、誠にありがとうございました。



閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今月いくつか、志望校に合格した生徒さんのことを、学校名もあげながらブログの記事に書きました。 それはなぜか。 単純に、同じように悩みを抱えている、受験に不安を抱いているお子さん・ご家庭を救いたいからです。 例えば、「うちも東北大(もしくはそれ以外の国公立大)を目指しているんです」とか、「一高(もしくは他のナンバースクール)を目指しているんです」とか、そういう方の心に少しでも刺されば…と思っているか

さて、本日で2021年がついに終わります。 今年は、去年よりはコロナが落ち着き、例年通りのコマ数で生徒さんを受け持つことができました。 今年新しくご縁をいただけたご家庭にも、それより前からご縁をいただいているご家庭にも、感謝です。 コロナ禍でもやはり、定期テストは、受験はあります。 この仕事はどういう世の中になっても必要とされる仕事なんだなと実感するとともに、必要とするご家庭のために日々努力しなけ