刻一刻と

令和2年の終わりまで、刻一刻と日にちが進んでいきます。

実感がないです。

明明後日にはもう令和3年ですよ。


ですので、今年最後の授業を迎えたご家庭もあります。

お宅から退出する際に、良いお年を!とお互い言いあう。

毎年ある光景ながら、「ああ1年がそろそろ終わるんだな」と、しみじみとした気持ちになります。


今年はコロナショックで生徒さんもなかなか集まらずどうなることかと思いましたが、秋ごろになってようやく入ってきて、どうにか例年と同じかちょっと少ない位までは回復しました。

こんな世の中でも、定期テストは、受験はやってきますからね。来年もそういうご家庭の力になれればとおまいます!


僕は、ご家庭から頼まれれば、大晦日や正月でも授業をするスタンスです。

今年の仕事納めは12月31日。最後の最後までがんばりますよ〜


これから、国立大を目指すお子さんの共通テスト対策に行ってきます。






最新記事

すべて表示

あれから10年

本日は、3月11日。 宮城県民は忘れちゃいけない、東日本大震災の日ですね。 あれから10年。 まだ爪痕は残る地域はあるものの、だいぶ復興しました。 希望を持って生きることの大事さを教えられた日ですね。 今はコロナで、何かと生きにくい世の中となりました。 でも、震災から復興したように、きっと今回のことも元には戻るはず。 ワクチンもできたので。 そう思って今日からまた頑張ろう。

地震

13日の地震、驚きましたね。あんなに大きい地震は久しぶりでした。 しかも奇しくも、東日本大震災の10年後であるこの年に。 3月11日でしたから、日にち的にもまあまあ近いですね。ほぼ1ヵ月前。 何か運命を感じてならないです。 そのときのように津波が起きるまでには至りませんでしたが、地域によっては停電が起きたり、仙台でも新幹線が運行見合わせになったりと、被害はそれなりにあるようです… 僕は地