top of page

出願状況:あれ?これだけ?

記事に挙げるにはちょっと出遅れましたが、宮城県公立高校の出願状況が公表されています。



先月発表された希望調査では2倍前後あった仙台一高、仙台南が1.5倍ちょっとに落ち着きました。


宮城県全体を見ても、1番倍率が高いのが宮城農業高の生活科の1.8倍。

ただ、普通科以外の学科だと、定員が少ないから倍率が上がるということはありがちなのであまり特筆することでは無いのですが。。

普通科で1番高くても、泉高の1.6倍。


公立高校受験する受験生自体が、減っているのかなと思いました。


私立高校入試の結果を踏まえて安全に受けようという考えの表れと、そのまま私立高校に入学しようという受験生も意外と多かったのかもしれません。


私立高校は確かに学費は高いですが、豊富な指定校推薦枠やきめ細やかなサポート、学校によっては併設の大学へ内部進学できるなどメリットはありますからね。


これまでの「私立高校は公立高校に入れなかったときに仕方なく行くもの」という風潮が変わるかもしれない?!


やはり、20年近く教育産業に携わっていると、いろいろ変化はありますね。


その変化に順応していけるようがんばります。

閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年度もありがとうございました。

さて、本日で、2023年度が、終わります。明日からは新学年。そして、今年度受験生だった生徒さんは、新しい学校での新しい生活がスタートとなります。 今年度も、無事、生徒さんを公立高校及び公立大学へ入れることができました。 非受験生の生徒さんにおいても、人によりばらつきはあるものの、きちんと成果を出し、中には5教科で70点位伸ばした中学生のお子さんもいました。 また、途中解約することなく、すべてのご家

いや、わからないもんです。

高2から教えていたとあるお子さん。 できれば国公立大を志望とのことでしたが、定期試験の成績が振るわなかったのでまずは定期試験で取れる様にと指導スタート。 どうにか指導前よりは定期試験の点数を上げたものの、国公立大丈夫かな…とは思っていました。 文系の生徒さんなので、指導教科は数学、英語、化学基礎でした。(理科のもう一つは、生物基礎) 社会を全くサポートしてあげられないのが歯がゆいんですよね…でもこ

まさかの2月に

僕、2月1日の記事で、「高校受験生はいない」と書きましたが、 実はあれから、高校受験生を受け持つことになりました。 問い合わせがありまして、ご契約いただいたのが、2月上旬。私立高校入試の結果も既に出ている状態でした。 公立高校対策の最後の追い込みをしてほしいとの事でした。 正直、第一志望はB判定、それも、BとCとの境目と、AとBとの境目との真ん中らへんの、大丈夫な位置にはいたのですが、より安心した

Comments


bottom of page