長文読解の練習に。

今数学と英語を教えている高校3年生のお子さんに、長文読解の練習に東北学院大の過去問の長文を解かせてみました。


単語の難しさや文章量的に、センターの過去問よりは易しいので、まずはそれで慣らしてからかなと思いまして。



でも、意外と苦戦していました。

前の記事で、国公立大の滑り止めのド定番だと書かせていただきましたが、それでもやってみると、意外と難しいのです。


せめて、one anotherやfor instanceの意味は言えて欲しかったかな〜

^^;



自分のわからなかった単語やイディオムがわかり、覚えなければいけない事がたくさんあると改めて実感するきっかけになったなら幸いです。


共通テストまであと4ヶ月。どうなることやら!



なお、one anotherは「お互いに」でeach otherと同義。

for instanceは「例えば」でfor exampleと同義です

^ ^

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年度始まりました

新年度に入り、もう半月が過ぎました。 ほとんどの生徒さんはもう学校が始まり、ようやく授業か何かが行われたというところです。 中学生のお子様に関しては、学校によってはも学校のワークが配布された頃なので(一般的に教科書は始業式の時に配布されますが、副教材は1週間ほど間をあけてから配布されます)そういう場合はもうすでにワークの問題を解かせます。ワーク提出をきちんとすることが評定にもつながりますからね。

オンライン授業について

ワクチンの普及が始まりつつありますが、まだまだ高齢者優先。 一般化するには時間がかかりそうです。今年いっぱいはずっとこのままでしょうね。 そんな中、オンライン授業は、画期的な手段の1つといえます。 昔から仲良くさせていただいている友達かつ同業者のある人と連絡を取る機会がありました。 その人はもっぱらオンラインで家庭教師をやっていて、僕にはない色々な工夫を凝らしてうまくやっているようでした。 やり方

2020年度総括

3月が終わるまであと2日間ありますが、受験生の合否もとっくに出揃っていますので、この2020年度を振り返ろうと思います。 なんといってもこの2020年度は、最初はコロナに悩まされました。 ちょうど1年前の春は、生徒さんが例年よりも少なかったです。もちろん、受験生が受験を終えて解約するので、春は生徒さんが減る時期ではあるのですが、例年の春よりもさらに少なかったです。 コロナ感染を恐れて授業をお休みす