長文読解の練習に。

今数学と英語を教えている高校3年生のお子さんに、長文読解の練習に東北学院大の過去問の長文を解かせてみました。


単語の難しさや文章量的に、センターの過去問よりは易しいので、まずはそれで慣らしてからかなと思いまして。



でも、意外と苦戦していました。

前の記事で、国公立大の滑り止めのド定番だと書かせていただきましたが、それでもやってみると、意外と難しいのです。


せめて、one anotherやfor instanceの意味は言えて欲しかったかな〜

^^;



自分のわからなかった単語やイディオムがわかり、覚えなければいけない事がたくさんあると改めて実感するきっかけになったなら幸いです。


共通テストまであと4ヶ月。どうなることやら!



なお、one anotherは「お互いに」でeach otherと同義。

for instanceは「例えば」でfor exampleと同義です

^ ^

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

日々戦い

中学校では、早いところで2月上旬、遅くとも中旬には学年末テストが行われました。 よって今の時期は、テストが返却されます。 僕が教えている生徒さんたちも、テストが返却されました 後期中間テストでは下がってしまったけれども今回で持ち直した子もいれば、思うように伸びなかった子もいて様々です。 ここ最近は中学生のテストの振り返りをしていました。 僕は、基本的には定期テストが終わったら振り返りは必ずしており

出会いと別れ。

一昨日付で、3年間お世話になったご家庭との契約が終了しました。 前の記事に書いた、拓殖大に受かったお子さんです。 希望する大学に送り出せて、安心しました。 学年末テスト直前までの指導でした。きっと良い成績を残してくれるでしょう。 でも大学合格はあくまでも通過点。自分のなりたい仕事に向けて、これからますますの精進を。 最後はさすがに少し切ないものがありましたね。毎年経験することですけどね。 そう思っ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now