月についての指導

授業で月について説明する時、こんなものを使いました。



本当は白いボールがあれば1番良かったのですがなかったので紙風船で…(笑)

半分だけ黒く塗って、これを月として手で持って生徒さんの周りで回転させて、「ここに月があるから、そこから見てごらん、どう見える?」と問いかけます。



このように、月は同じ形を保って回転します。ただし地球から見たときの見え方は月の位置によって変わります。


生徒さんは同じ形を保って回転することに驚いて興味を持ってくれました。



天体は、電流や運動のような計算メインというわけでもなく、動物、植物のように暗記がメインというわけでもない、特殊な単元です。

自分が地球だとして、天体がどう見えるか、それを頭の中でうまくイメージできるかどうかが大事です。


ですからときにはこうやって物を利用して教えることも大事なのです。





最新記事

すべて表示

突然の電話

1週間ほど前に、1つの電話が。 今年の春休みに、お問い合わせをいただいた、ご家庭からです。 一旦契約を結んだものの、諸々の事情で春休み期間中だけとなったご家庭ですが、突然のお電話でしたので、驚きました。 お話を聞いたところ、来年度からお願いしたいということでした。 嬉しいですね ^_^ ですので、平日のゴールデンタイムを予約しておきたいと言うことでした。 現在平日のゴール

マーク模試を経て

ほとんどの高校では、先月末にマーク模試がありました。僕の教え子たちも受けました。 すると、ある生徒さんは、かなりの躍進が見られました! 苦手だった化学基礎と、英語で点数伸びが見られました。 総合点も、大幅に上がりました。国立大に手が届きそうになってきました! 化学基礎に関してはセンターの過去問にしっかりと取り組み、英語は文法の強化に力を入れました。 長文と文法は関係なさそうで実はあるんですよ。「

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now