一回一回を有効に

仙台市内の中学校では、定期テストが来週にあるところも少なくありません。定期テストが終われば、受験勉強モードに本格的に切り替えなければいけません。

そして来月から、新みやぎ模試が毎月行われます。一発目は7月11日日曜日、申し込み締め切りが7月1日までです。

もう1週間切っております!

自分の実力を測りたい方、お申し込みは早めに!

お申し込みは書店や、新宮城教育公式ホームページにて。

さて、定期テスト前最後の授業を控えているお子さんには、何か1,2年の復習になるような、課題を準備しないとな。

こうやって、1回1回、「授業の中で、そして『次回の授業までの家庭学習で』何を学ばせるか」考えております。

二重カギカッコのところが特に大事です(笑)

結局、家庭教師の授業は週1回ないし2回ですからね。その時間内でどんなに理解できても、その理解を促す取り組みを家庭学習の中でしないと、無駄になってしまいます。 無責任という意味ではないので誤解しないでいただきたいですが、あくまでも、成績を伸ばすかどうかは最終的にはお子様本人次第なのです。私はきっかけを与えているだけに過ぎないのです。

家庭教師は、お子様と私との2人3脚…いや、保護者様も入れて3人4脚なのです。



閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は思い切って、あの件について書きたいと思います。 だいぶ時間が経っているので、もう知っている方も少なくないと思いますが、私の同業者仲間、それも、宮城県で1番売れていて、受験情報も膨大な素晴らしい方だったのですが、なんと売春で逮捕されてしまいました。 ネット上では実名を出さずにニュースになっていたので、年齢や居住地から、「まさかあの人じゃないよな…」と思いながら、また他の同業仲間と話していたら、

僕に限った話では無いですが、基本的には生徒さんには次の授業までの宿題を必ず出すようにしています。 ■授業を受けて学んだ事を定着させるため ■そろそろ忘れている頃であろう、過去に習った単元を思い出させるため ■苦手なところを補強すしてもらうため が主な目的です。 何をしなければいけないか自分でわかっていて、言われなくてもそれを実行できるのであれば、宿題は特に出さなくても良いのですが、まぁそれが出来る

Zoom補講で一緒にコラボしている岩手在住のオンライン学習塾「大東村塾」さんを相互リンクに加えました。 こちら 塾長とは、10年以上前に、一緒の塾で働いていて知り合った仲です。 その塾を辞めた後も、やりとりはちょくちょくしていて、今年の初めに、「水曜日にZoomによる自習室を一緒にやらないか」と提案されて、今に至ります。 もしも僕と時間等が合わない新規の方でいらっしゃいましたら、オンラインにはなり