top of page

一回一回を有効に

仙台市内の中学校では、定期テストが来週にあるところも少なくありません。定期テストが終われば、受験勉強モードに本格的に切り替えなければいけません。


そして来月から、新みやぎ模試が毎月行われます。一発目は7月11日日曜日、申し込み締め切りが7月1日までです。

もう1週間切っております!


自分の実力を測りたい方、お申し込みは早めに!

お申し込みは書店や、新宮城教育公式ホームページにて。


さて、定期テスト前最後の授業を控えているお子さんには、何か1,2年の復習になるような、課題を準備しないとな。


こうやって、1回1回、「授業の中で、そして『次回の授業までの家庭学習で』何を学ばせるか」考えております。

二重カギカッコのところが特に大事です(笑)

結局、家庭教師の授業は週1回ないし2回ですからね。その時間内でどんなに理解できても、その理解を促す取り組みを家庭学習の中でしないと、無駄になってしまいます。 無責任という意味ではないので誤解しないでいただきたいですが、あくまでも、成績を伸ばすかどうかは最終的にはお子様本人次第なのです。私はきっかけを与えているだけに過ぎないのです。


家庭教師は、お子様と私との2人3脚…いや、保護者様も入れて3人4脚なのです。




最新記事

すべて表示

やっと半分

今日で6月が終わります。 つまり、2024年の半分が終わります。 まあ、教育産業の人間にとっては、「2024年」より「2024年『度』」というくくりのほうが意味があるんですけどね(笑) つい先日、前期中間テストの結果が大幅に伸びて、生徒さんのほうから「先生のおかげです」と言われました。 うれしい限りです。 保護者様も「こんなに伸びるとは」と驚いていました。 でも僕はきっかけを与えただけ。 生徒さん

夏休みが近づいています

ほとんどの学校では、定期テストがもう終わって、返却されているところでしょう。お疲れ様でした。 僕の生徒さんでも、これまでの指導の成果がバッチリ出たと感じられるお子さんや、十分には実力を出し切れなかったお子さんなど様々です。 いずれにせよ、その結果を踏まえて、今後の勉強どうしていくか考えていただければなりません。 そして、7月中旬から始まる夏休み。これをいかに有効に過ごすかが、夏休み明けのテスト、特

最初の戦い

6月です。多くの中高では、定期テストがあります。 中学生、もしくは推薦を考えている高校生にとっては特に定期テストは非常に大事です。 評定は高校入試、大学の推薦入試に大きく関わりますから。 もちろん、推薦を考えていない高校生にとっても、大事ではあります。定期テストで出題される内容を理解していないのに、入試で良い点数が取れるわけありませんから。 誰にとっても大事です。テスト範囲も明らかになって、今の時

Comentários


bottom of page