top of page

一回一回を有効に

仙台市内の中学校では、定期テストが来週にあるところも少なくありません。定期テストが終われば、受験勉強モードに本格的に切り替えなければいけません。


そして来月から、新みやぎ模試が毎月行われます。一発目は7月11日日曜日、申し込み締め切りが7月1日までです。

もう1週間切っております!


自分の実力を測りたい方、お申し込みは早めに!

お申し込みは書店や、新宮城教育公式ホームページにて。


さて、定期テスト前最後の授業を控えているお子さんには、何か1,2年の復習になるような、課題を準備しないとな。


こうやって、1回1回、「授業の中で、そして『次回の授業までの家庭学習で』何を学ばせるか」考えております。

二重カギカッコのところが特に大事です(笑)

結局、家庭教師の授業は週1回ないし2回ですからね。その時間内でどんなに理解できても、その理解を促す取り組みを家庭学習の中でしないと、無駄になってしまいます。 無責任という意味ではないので誤解しないでいただきたいですが、あくまでも、成績を伸ばすかどうかは最終的にはお子様本人次第なのです。私はきっかけを与えているだけに過ぎないのです。


家庭教師は、お子様と私との2人3脚…いや、保護者様も入れて3人4脚なのです。




最新記事

すべて表示

3人4脚

今年度最後の定期テスト。学年末テスト。 高校によって実施日は違いますので、結果が出ている人出てない人様々ですが、今回のテストに、5教科で70点ほど上がった中学生の生徒さんがいました。 ここまで上がるとは思っていなかったので、正直驚き、嬉しかったです。この生徒さんは保護者様も教育熱心で、子供の学習状況をきちんと把握し、子供の勉強にきちんと付き合っているところが伺えました。 やっぱり、家庭教師指導って

出願状況:あれ?これだけ?

記事に挙げるにはちょっと出遅れましたが、宮城県公立高校の出願状況が公表されています。 https://www.pref.miyagi.jp/documents/45052/syutugan1_teisei.pdf 先月発表された希望調査では2倍前後あった仙台一高、仙台南が1.5倍ちょっとに落ち着きました。 宮城県全体を見ても、1番倍率が高いのが宮城農業高の生活科の1.8倍。 ただ、普通科以外の学科

もうすぐ国公立大前期日程。滑り止め合格。

今週日曜は、多くの国公立大学の前期日程があります。 僕も、それに向けてこれまで生徒さんの対策をしてきました。 共通テストではそれなりに点数を稼いでいるので、当日よほどの変化球がなければ大丈夫かなと確信はあります。 本番直前は、新しい問題に手をつけるよりは、これまでやった問題、特に授業の中で一緒にやった問題を中心におさらいをしてほしいと思います。健闘を祈ります。 話は変わりますが、公式サイトの「指導

bottom of page