計算や応用問題だけじゃなく

定期テスト対策も、本腰を入れていく段階(もう終わってるところもありますが)です。



ここで、定期テストあるある。




中学校の数学の定期テストでは、大体どこの学校も、計算問題だけではなく、まるで理解や社会のように、語句を答えさせる問題があります。




例えば、


「足し算のことを( 1 )といい、引き算のことを( 2 )という」


のように。





ちなみに答えは、(1)が「加法」(2)が「減法」です。



数学というとやっぱり、「計算」と言うイメージがありますね。


後はやっぱり、方程式の文章題や証明など、難しい問題にも気を取られがちです。


ですのでこういった語句を答えさせる問題が、意外と手薄になるんです。


計算力が高く応用力もある子が、こういうところで点数を落とすことがあります。




僕は当然、定期テスト対策では語句の確認もします。

ただ点数を取るだけではなく、こういった部分を理解することで下地ができ、本当の実力がつくからです。



前の記事にも書きましたが、定期テストはあくまでも通過点。受験勉強の準備ですいわば。定期テストをゴールにしてはいけません。その先の受験も考えなければいけないです(当然受験もゴールではないです)



大変ですが乗り切りましょう。

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

あけましておめでとうございます。 1日遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 昨日は早速授業でした。受験生です。まぁ受験生でもなきゃ正月3が日に授業受けないですね。(笑) とにかく過去問や予想問題を解いて、曖昧な部分の洗い出し作業を徹底してます。 模擬試験で大きくジャンプアップして、合格への兆しを見せてくれたお子さんもいました。でも油断大敵。何があるかわからないのが受験ですから。 そし

久しぶりのブログ(笑) まずは、指定校推薦で1人、総合型選抜で1人、高3生で合格者を出すことができました。 指定校推薦では評定の平均が必要な条件になるので、ちゃんと満たすように定期テスト対策は入念に行いました。 総合型選抜では、その子が受けた学校にはたまたま評定に条件はないので、面接指導に力を入れていました。 おかげで当日の面接は答えられなかった等のつまずきはなく、無事合格。 後は一般受験で大学を