top of page

明日から…

明日から共通テストが二日間行われます。国公立大を狙う高校3年生の生徒さんは皆、この日のために血眼になって勉強してきたかと思います。まさにその成果が試されます。

この共通テストの得点率によって、出願する大学が決まり、受験の勝敗のほぼ8割型決まると言っても過言ではありません。

まして、今年の受験生は、学習指導要領変更前最後の代。

浪人してしまうと、来年度からは受験科目に情報が加わってくるなどかなり不利な状況になり、なんとしても今年合格しなければいけない状況かと思います。



僕の生徒さんでも数名、共通テストを受ける子がいます。昨年12月ごろにようやく芽が出始めたようで、手応えは感じています。

あとは落ち着いて、これまでやってきたことを忘れずに、全部出し切ってほしいと思います。運を天に任せ…グッドラック!

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最初の戦い

6月です。多くの中高では、定期テストがあります。 中学生、もしくは推薦を考えている高校生にとっては特に定期テストは非常に大事です。 評定は高校入試、大学の推薦入試に大きく関わりますから。 もちろん、推薦を考えていない高校生にとっても、大事ではあります。定期テストで出題される内容を理解していないのに、入試で良い点数が取れるわけありませんから。 誰にとっても大事です。テスト範囲も明らかになって、今の時

1ヶ月

新年度が始まってからもう1ヵ月が過ぎています。新しい環境には慣れましたか? 中学、高校では、6月の中旬や下旬に、前期中間テストがあります。大体の学年だと、教科書の最初ということもあり、難易度は易し目で点数を取りやすいです。(例えば数学であれば計算問題メインとか。) それだけに、平均点も高くなることが予想されますので、取り組んだ人と取り組まない人の差が、はっきり出やすい単元でもあります。 お子様の学

2023年度もありがとうございました。

さて、本日で、2023年度が、終わります。明日からは新学年。そして、今年度受験生だった生徒さんは、新しい学校での新しい生活がスタートとなります。 今年度も、無事、生徒さんを公立高校及び公立大学へ入れることができました。 非受験生の生徒さんにおいても、人によりばらつきはあるものの、きちんと成果を出し、中には5教科で70点位伸ばした中学生のお子さんもいました。 また、途中解約することなく、すべてのご家

Comments


bottom of page